最近、ちょっとしたことでもイライラしてしまう。


毎日イライラして、仕事に集中できない!


この記事は、そんな方にむけて書いています。



忙しい時に上司から仕事を振られたり、人混みを歩いていて後ろからどんどん押されたり、寝ている時に隣の部屋の物音がうるさかったりすると、イライラしてしまいますよね?


人は日常的にイライラしてしまう生き物ですが、「最近、寝ても覚めてもイライラしている。」、「以前はこんな些細なことでイライラしなかったのに。」と感じている方も多いのではないでしょうか?



本日は、「イライラ解消方法3選!おすすめ音楽や食べ物からサプリまで」と題して、そんなイライラへの対処法として「音楽」、「食べ物」、「サプリ」に着目して、解説してゆきます!

 



 

イライラ解消方法1:音楽

 

 
人はイライラしてしまうと、血液中に「コルチゾール」とよばれるストレスホルモンが分泌されます。


その結果、人間の体の機能を調節している「自律神経」が乱れてしまい、心身が興奮した状態になってしまいます。


自律神経には心身を興奮させる「交感神経」と、リラックスさせる「副交感神経」があります。


交感神経がストレスによって刺激され、高ぶってしまった結果、イライラしてしまうのです。



そこで、役に立つのが「音楽」です!


音楽には、このようにして高ぶった交感神経を抑える効果があり、音楽を用いた治療法も存在しています。(音楽療法)


特にオススメなのが、「静かで、ゆったりとした、インストゥルメンタル(歌詞がない、楽器演奏による楽曲)」です。


インストゥルメンタルに限らず、好きな音楽を聴くことが大切なのですが、ヘヴィーメタルなどの激しい曲や歌詞が多い曲は、交感神経を刺激してしまう可能性があるので注意が必要です。
(歌詞があると聞き取ろうとするため、脳の働きが活発になり、交感神経が優位になる。)


イライラを鎮めるためには、「リラックスして」音楽を聴くことが重要ですので、ゆっくりとくつろいで適度な音量で聴きましょう。
 

 



 

イライラ解消方法2:食べ物

 

 
人がイライラする原因は人間関係などのストレスだけではありません。


普段食べている食べ物の偏りなどによる「栄養不足」によっても引き起こされます。


では、なぜ栄養不足によってイライラしてしまうのでしょうか?



人間の脳内では、精神を安定させる働きがある「セロトニン(幸せホルモン)」と呼ばれるホルモンが合成されており、このセロトニンがイライラを鎮めています。


セロトニンを合成される上で必要となる栄養素が「ビタミンB6」と「トリプトファン」なのですが、これが不足することにより脳内で合成されるセロトニン量が減少し、イライラを引き起こす原因になります。


ビタミンB6とトリプトファンを多く含む食品は以下の通りです。


(ビタミンB6)…豚肉、レバー、卵、牛乳など
(トリプトファン)…乳製品、大豆製品、卵、赤身の魚、バナナなど


この食品の中で、特にオススメなのが牛乳です。


牛乳はセロトニンを作る際に必要なビタミンB6とトリプトファンを含んでいるだけではなく、イライラを抑える効果があるカルシウムを多く含んでいます!



バランスの良い食事を、1日3食、良く噛んで食べることが、脱イライラへの近道です。
 

 



 

イライラ解消方法3:サプリ

 

 
サプリメントは、【食べ物編】で述べた内容と同じで、セロトニンを作る際に必要な栄養素(ビタミンB6、トリプトファン)を補給するために活用します。


私自身もイライラ対策として数種類のサプリを服用してきましたが、その中でもオススメできるサプリは以下の2つです。
 

エビオス錠

トリプトファンをはじめとする多くのタンパク質が含まれており、ビタミンB6を含む9種類のビタミン、ミネラル、食物繊維を補給することができます。食欲増進や腸内環境改善にも効果が期待できます。
 

 

マルチビタミン

ビタミンB6を含むビタミンB郡、ビタミンA、ビタミンCなどが豊富に含まれています。種類によっては、タンパク質、亜鉛、鉄などを含んでいるものもあります。
 

 
この他にも、効果が期待できるサプリはありますが、サプリを使って特定の栄養を過剰に摂取することは健康になるどころか、内臓に負担をかけたり、癌(がん)などの病気を発症するリスクがあります。


普段摂っている食事をメインとして、それを補うような形でサプリを服用すると良いでしょう。
 



 

まとめ

私たちが人間である以上、イライラを完全に無くすことはできませんが、イライラが日常生活に支障をきたしているレベルの方には、少なからず効果が期待できます!


「イライラ解消法をためしているけど、全然効果がでない!」と考えてしまうと、余計イライラしてしまいます。


気持ちが高ぶっても、深呼吸しながら、ゆっくりとイライラを解消していきましょう♪