皆さんは料理人のベンジャミンフラットさんをご存知でしょうか?

ベンジャミンフラットさんは能登で生まれた食材で作りだす「能登イタリアン」を提供する「民宿ふらっと」のオーナーシェフの方です。

情熱大陸でも取り上げられ、今後ますます注目を浴びるであろうベンジャミンフラットさんと民宿ふらっと。

そんなベンジャミンフラットさんの経歴や年収がいったいどんなものなのか、気になるところです。

そこで今回は「【情熱大陸】ベンジャミンフラット(民宿ふらっと)の現在までの経歴から年収までまとめ」と題してベンジャミンフラットさんの経歴から年収までまとめてみました!
 

 



 

ベンジャミンフラットって誰?wiki風プロフィール(経歴)紹介

 

 
ベンジャミンフラットさんの経歴を簡単に紹介します。
 

本名

ベンジャミンフラット
 

出身地

オーストラリア
 

生年月日、年齢

1965年生まれ、月日は不明。53~54歳(2019年8月現在)
 

助手助手

ベンジャミンと聞くと観葉植物しか思い浮かびません。

管理人管理人

ホテルの入口とかに置いてあるやつね。あれ結構高いよ。ピンキリだけど。

助手助手

いくら?

管理人管理人

大型で高いのは35万円とかする。

助手助手

高っ!!

 

 

ベンジャミンフラットの現在までの経歴

 

 
ベンジャミンフラットさんが生まれたのはオーストラリア。1965年のことでした。
 

オーストラリア
オーストラリア
 
実家はレストランで、父親、母親ともに料理人でした。両親が料理をする姿を見て育ったベンジャミン少年は自然と両親と同じ道を歩むことになります。

13歳の頃から実家を手伝いながら修行を重ね、シドニーのイタリアンレストランでシェフとして働き始めると、その実力が認められ、料理長に就任!

おそらくは本人や両親も、周囲の人もそのままオーストラリアの名シェフとして名を馳せていくと思っていたことでしょう。

ところが運命的な出会いがベンジャミンフラットさんの人生を大きく変えることになります。

その出会いというのが後に妻となる智香子さんとの出会いでした。

留学生だった智香子さんにメロメロになった(失礼)ベンジャミンフラットさんはなんと日本に帰国した智香子さんを追って日本にやってきてしまいました。

そしてベンジャミンフラットさんと智香子さんは結婚。

「恋は盲目」とはいいますが、ベンジャミンフラットさんの行動力にはただただ驚くばかりです!
 

恋は盲目なベンジャミンフラットさん(画像はイメージです)
 
智香子さんとの結婚を気に能登に「民宿ふらっと」をオープン。

ベンジャミンフラットさんがいままでイタリアンシェフとして培ってきた技術と能登の食文化を融合させて生まれたのが「能登イタリアン」。

今では能登の名物民宿として賑わっています!
 


 
ツイッターの画像を見ているだけでもよだれが出そうになるくらいおいしそうですね!

私もイタリア料理は大好きですが、そこに日本の能登文化がどう融合したのかとても興味があります。機会を見て足を運んでみたいとおもいます!

ベンジャミンフラットも愛用する能登名物の「いしり(いしる)」とは?

ベンジャミンフラットさんの「能登イタリアン」には能登自慢の天然発酵調味料「いしり(いしる)」がふんだんに使われており、いしりに感動したベンジャミンフラットさんは自分でいしりを製造するようになったそうです。

ちなみに「いしり(いしる)」とは日本三大魚醤のひとつとして数えられており、いかの内臓と塩のみを長期間発酵させて作る天然発酵調味料だそうです。
 


 
なんといしりが作られているのは能登だけとのこと。

いしりはラーメンなどにも使われており、日本中に愛好家がいらっしゃいます。
 


 
いしり(いしる)は楽天でも購入可能です!
 

 
ちなみに民宿ふらっとではベンジャミンフラットさんが製造した「いしり」も販売中。

ネット販売はこちらのURLから。

https://shop.flatt.jp/items/7510765

さらには石川県の書店では「いしり」を使ったレシピ本が販売されているとのこと。

能登での「いしり」の愛され具合がわかりますね!
 

ベンジャミンフラットの年収はいくら?

 

 
大人気の「民宿ふらっと」のオーナーであるベンジャミンフラットさんの年収ですが、はっきりした情報は残念ながら入手できませんでした。

民宿ふらっとは一日に宿泊できるお客が4組に限定されているため、年収もそれほど高くないのではないかと思われます。

しかし、料理と妻を愛するベンジャミンフラットさんのことですから、愛する智香子さんと一緒に料理を提供してお客様の笑顔を見ることが何よりの幸せなのでしょう。年収など問題ではないと思いました。
 


 

助手助手

愛する妻と、愛する土地。そして好きな仕事。それ以上何がいるというのか。

管理人管理人

さすが一つも持っていない人間が言うと重みが違うな。

助手助手

土地は愛してるよ!

管理人管理人

土地だけかよ。

 


 

まとめ

「【情熱大陸】ベンジャミンフラット(民宿ふらっと)の現在までの経歴から年収までまとめ」について見てまいりましたがいかがでしたでしょうか?

ベンジャミンフラットさんの経歴を見て思うのは「本当に人生何が起こるかわからない」ということ。

はるか異国の地で日本人の妻と民宿を営むなど、シェフとして働き始めたベンジャミンフラットさんも想像もしていなかったことでしょう。
本当に面白いと感じました。

いつか民宿ふらっとに宿泊してベンジャミンフラットさんの能登イタリアンを堪能してみたいものです。
 


 
関連記事や他の情熱大陸の記事もどうぞ!