6歳の娘(萩凛々さん)をその手にかけたとして逮捕された萩潤子(はぎじゅんこ)容疑者。実の娘の命を母親が奪った悲しい事件として日本中で話題になりました

そこで今回は「【逮捕】萩潤子(はぎじゅんこ)の顔画像とツイッター(Twitter)やフェイスブック(Facebook)は?」と題して、萩潤子(はぎじゅんこ)容疑者の情報をまとめてみました!
 
関連記事もどうぞ!
 

 





 

萩潤子(はぎじゅんこ)の逮捕報道をチェック!

萩潤子容疑者の逮捕はメディアでも報道されました。
 

逮捕された母親は、「わたしも死のうと思った」と供述している。

2日朝、富山市の住宅で、この家に住む6歳の萩凛々(りり)ちゃんが遺体で見つかった事件で、2日午後、母親の潤子(ひろこ)容疑者(36)が、殺人の疑いで逮捕された。

凛々ちゃんは、寝室の布団の上で見つかり、その寝室には、ヘリウムガスと書かれたガスボンベが見つかっている。

警察の調べに対し、潤子容疑者は「わたしも死のうと思った」と容疑を認めていて、警察は、無理心中を図ろうとしたものとみて調べを進めている。

 
警察の調べでは萩潤子容疑者は無理心中を図ったとあります。

先日も子供を手にかけて両親が逮捕されるという事件があったばかり。

家族に命を奪われるというニュースはやるせない気持ちになります。

本当に残念ですね。
 
関連記事もどうぞ!

 





 

萩潤子(はぎじゅんこ)のプロフィール

萩潤子宏容疑者について判明している情報は以下の通りです。
 

 
萩潤子(はぎじゅんこ)


年齢:36歳


職業:無職


住所:富山市婦中町牛滑
 

 

 
事件が起こったのは萩潤子容疑者の実家で、普段は千葉県に住んでいるとのことです。
 

 

死亡した女の子は10日ほど前から母親と一緒に千葉県から帰省していたということです

 

 
実の娘をその手にかけるというのは尋常なことではありません。

萩潤子容疑者はなんらかの理由で精神的に追い詰められてしまったのでしょう。

ひょっとしたら先日の事件と同じく、生活苦が原因という可能性もあります。

成長を見守るべき人間が娘をその手にかけてしまうとは残念でなりません。
 





 

萩潤子の顔画像は?

萩潤子容疑者の顔画像は今のところ、公開されておりません。


 





 

萩潤子の夫(旦那)の情報は?

普段は千葉県に住んでいたとされている萩潤子容疑者。

おそらくはそこに萩凛々さんの父親で萩潤子容疑者の夫がいると思われます。

残念ながら今のところ、萩潤子容疑者の夫の顔画像や職業などは明らかになっておりません。

今回の事件にも萩潤子容疑者の夫とのトラブルが関係している可能性があります。

情報が公開され次第、掲載する予定です。
 





 

萩潤子のツイッター(Twitter)は?

萩潤子容疑者のツイッターを探してみましたが本人と断定するアカウントは特定できておりません。
 
同姓同名のアカウントすら確認できませんでしたので萩潤子容疑者はツイッターのアカウントを開設していないか、本名ではアカウントを開設していないようです。
 





 

萩潤子のフェイスブック(Facebook)は?

萩潤子容疑者のフェイスブックを探してみましたが、こちらも本人と断定するアカウントは特定できておりません。
 

萩潤子の逮捕に対するツイッター(Twitter)の反応まとめ

萩潤子容疑者の逮捕に対するツイッター(Twitter)の反応をまとめてみました!
 

何でもかんでも心中っていうのそろそろやめたら…?親生きてるじゃん。ただの殺人だっつーの。
給料上がらないのに増税するわ、少ない給料で子どもと嫁を養っていかなあかんわ、この国にいて未来を想像すると心中もしたくなるわなぁ。
日本人は、心中精神を
「カッコ良いもの」
「潔いもの」
だと思っているような節があるような気がします。
@guppy2525 ニュースでやってた。これも心中しようとしたっぽいね😭
育児や介護疲れで心中考える気持ちが少しわかってしまうな


 
萩潤子容疑者に対する同情の声が上がっていました。

誰かに相談して解決に向かうことはできなかったのでしょうか?

娘さんもまだまだ両親と一緒に過ごしたかったことでしょう。

今回の結末は本当に残念でなりません。
 





 

まとめ

「【逮捕】萩潤子(はぎじゅんこ)の顔画像とツイッター(Twitter)やフェイスブック(Facebook)は?」について見てまいりましたがいかがでしたでしょうか?

力及ばず、いまのところ萩潤子容疑者のアカウントは特定できておりません。

生活に苦しんでいたとはいえ実の娘をその手にかけてしまったことは絶対に許されることではありません。

今後一生かけて償ってほしいと思います!
 





 
関連記事もどうぞ!