熱戦が続いているサッカー代表戦のAFCアジアカップ。その中で若干20歳の若い才能が躍動しています。

日本代表のセンターバックをつとめる冨安健洋さんはイラン戦において日本にとって脅威と思われていたエースのサルダル・アズムン選手を完封

3-0という圧勝劇に大きく貢献しました。この活躍により同じ代表メンバーやネットからたくさんの賞賛が寄せられています!

今最も注目を浴びている日本代表選手・冨安健洋さんに対する代表メンバーからのコメントや世間の評判、ネットの反応を今までの経歴と共にまとめてみました!
 

冨安健洋の経歴

今大注目の冨安健洋さんのプロフィールと小学生時代からの輝かしい活躍を見ていきましょう。

幼い頃からすでに現在の大活躍の片鱗がうかがえます。
 

冨安健洋のプロフィール

 

 

本名

冨安健洋(トミヤス タケヒロ)
 

身長、体重

188cm 78kg
 

誕生日、年齢

1998年11月5日 20歳
 

出身地

福岡県福岡市
 

所属チーム

シント=トロイデンVV(ベルギー)
 

ポジション

DF / MF(DMF)
 

利き足

両足
 

愛称

タケ

小学生時代

もの凄いスピードで走る冨安健洋さんは福岡市博多区の少年少女サッカーチーム「三筑キッカーズ」の総監督の目に留まり、冨安健洋さんの知り合いの父母に何とかキッカーズに入れてくれるように依頼。

チームに勧誘された冨安健洋さんは誘いに従い本格的にサッカーを始めました。

2009年に開校したバルセロナスクール福岡校にも在籍。小学6年生時にナショナルトレセンに選出され、地元では有名なサッカー少年となります。

バルセロナスクール福岡校のコーチは冨安健洋さんをFCバルセロナに推薦。

しかし、小学生をスペインに連れていくというのは困難で、スペイン行きの話は消滅してしまいました。
 

中学生・高校生時代

アビスパ福岡の下部組織に入団し、ジュニアユース時代はなんと3学年すべてで主将を務めました。

中学3年生に進学したときに飛び級でJリーグチーム「アビスパ福岡」のトップチームの練習に参加するようになりました。

2015年5月19日、高校2年生という若さでアビスパ福岡に2種登録。同年10月の天皇杯3回戦FC町田ゼルビア戦にて公式戦デビューを果たします。
 

シント=トロイデンVV時代

2018年1月8日にベルギー1部のシント=トロイデンVVに移籍することが正式に発表されました。

冨安健洋さんに対してはJ1リーグの複数の強豪クラブが獲得に動きましたが、本人の強い海外志向により、数億と噂される移籍金を残して海外移籍することを決意。

5月13日、新天地のベルギーにてプレーオフ9節のロイヤル・アントワープFC戦で移籍後初出場を果たしました。

それからわずか2ヵ月後の2018年7月18日、開幕戦でフル出場。11月25日の第16節のRSCアンデルレヒト戦で移籍後の初ゴールを奪い勝利に貢献。

12月にはドイツ1部チームから破格の移籍金600万ユーロ(約8億円)でオファーしましたが、シント=トロイデン側はこのオファーを拒否。

早くもチームに欠かせない存在となっているようです。
 

日本代表に選出

2016年10月にAFC U-19選手権メンバーに選出され、10月17日のイラン戦に出場。

センターバックとしてこの試合を無失点に抑えて、安定したディフェンスで高い評価を獲得しました。

10月30日に行われた決勝のU-19サウジアラビア戦においても日本のピンチを何度も救い、初優勝に貢献します

2018年8月30日に行われたキリンチャレンジカップ日本代表に初招集。10月12日のパナマ戦でスタメン出場。日本代表デビューを果たしました。

10代での日本代表デビューは2012年の宮市亮さん以来6年振りとのことです。 

2019年1月のAFCアジアカップ2019の代表メンバーに再び選出。初戦のトルクメニスタン戦で先発出場を果たしアジアカップ最年少出場の記録を更新。

1月21日に行われたサウジアラビア戦においてゴールを決めアジアカップにおける日本人最年少ゴールを2週間足らずで更新しました。
 

代表メンバーからも絶賛の声

今回の活躍に対してチームメイトからも冨安健洋さんを称える声が上がっています!
 

長友佑都のコメント

長友佑都長友佑都

とくに、センターバックの冨安は素晴らしかったです。20歳であの20番(サルダル・アズムン選手)を相手にスーパープレーの連続でしたから。

どんどん飛躍してビッグクラブで戦える選手になって欲しいなと思います。なんかお父さん気分で(しゃべってるけど)


 

権田修一のコメント

権田修一権田修一

プレーが良すぎて、成長しているのか、元から出来るのか分からない(笑)

こんなに信頼していいのかというぐらい素晴らしいプレーをしてくれている。間違いなく頼もしい選手が2枚前にいる。

若い選手というより頼もしいセンターバック

 

 

吉田麻也のコメント

吉田麻也吉田麻也

難しいボールの処理が上手いし、卒なくプレーできる。センターバックとして経験を重ねないと出来ないような事が20歳で出来ているのがすごい。

 

チームメイトからも厚い信頼が寄せられているようです!

 

冨安健洋の活躍に対する世間の声

 

世間の声

冨安選手には更に活躍してもらい、今後、冨安選手を観てプロフットボール選手を志す子供が増えて、いつか日本が世界レベルに追い付けるよう期待したい。

 
世間の声

後は南米選手権に出てトップレベルでも通用するところを見せればCL出場チームにも行ける

 
世間の声

年代別代表やアビスパの頃は、(期待の若手ではあるものの)ここまでの凄みは感じなかったですが、海外移籍で大きく伸びたんでしょうね。代表の主軸として、十年以上は活躍してくれるでしょう。

 
世間の声

活躍は見事としか言いようがない。ああいうガツガツ来るタイプとは相性が良いのかなと思った。逆に、ベトナムのグエン・コン・フォンにはかなり手を焼いていた印象。ああいうドリブラーにも対応できるようになれば、またもう一段階上に行ける。冨安の成長が楽しみで仕方ない。

 
世間の声

是非とももっと上のリーグに移籍してもらいたい。次のワールドカップの守備の中心は彼のはず。

 
世間の声

富安は不思議とボールが放り込まれるところにポジショニングしていた。次の流れを読めているからだと思いました。代表戦レベルで、それをやってのけるのはすごい。

 
世間の人々も大絶賛の模様です!

 

冨安健洋の活躍に対するネットの反応

ネットでも冨安健洋さんのプレーに対して惜しみない賞賛の声が寄せられています!


 

まとめ

相手チームのエースを完全に抑えたことで大きな評価を得た冨安健洋さん。

今後も日本代表における守りの要としてその実力を大いに発揮していただきたいものです。そしてさらなる飛躍を期待したいと思います。

これからの冨安健洋さんの活躍を要チェックです!