朝ドラ「あさが来た」で五代友厚役を演じて、世の女性達の間に「五代ロス」を巻き起こし、一躍人気俳優になったイケメン逆輸入俳優ディーン・フジオカさん。

ディーン・フジオカさんは2019秋から、ドラマ「シャーロック」の主演が決まっており、まさに旬!の俳優さんのお一人です。

そこで今回は「ディーン・フジオカの今(現在)までの経歴まとめ!結婚相手(嫁、奥さん)や子供はいる?」と題してディーン・フジオカさんのこれまでの経歴や、結婚相手、子供などの家族構成について調べてみました。
 



 

ディーン・フジオカって誰?wiki風プロフィール(経歴)紹介!

ディーン・フジオカさんのプロフィールを簡単に紹介いたします。
 

 

芸名:ディーン・フジオカ
本名(読み方):藤岡竜雄(ふじおかたつお)
誕生日、年齢:1980年8月19日、39歳(2019年現在)
出身地:福島県
血液型:A型
所属事務所:アミューズ

 



 

ディーン・フジオカの経歴

 

 
1997年、妹さんが勝手に応募したジュノン・スーパーボーイコンテストに出場し、最終選考まで残る。(ちなみに妹さんは元チェキッ娘メンバーの藤岡麻実
美さん)


この時は芸能界入りせず、その後アメリカへ留学。


2004年に、香港のクラブで飛び入りでラップを披露していたところ、偶然客席にいたファッション雑誌の変種者にスカウトされ、その後香港を拠点に雑誌や広告、ファッションショーなどでモデルとしてのキャリアを開始。


2005年に映画『八月の物語』の主演に抜擢されたことで俳優としてのキャリアをスタートさせます。

そしてその作品が各国の映画祭で注目され、台湾のビンワンプロデユーサー柴智屏(アンジー・チャイ)と出会い台湾でデビューを果たします。
 

 
2006年からは本格的に拠点を台湾に移し、台湾ドラマ『極道学園』や『ホントの恋の見つけ方』『笑うハナに恋きたる』などに出演。


2010年には、日本統治時代の台湾の歴史を題材とした映画『セデック・バレ』に出演しています。


また2014年にはアメリカドラマ『荒野のピンカートン探偵社』で日本人で唯一の準レギュラーとして出演。


まさにキラキラの芸歴です。


そして2015年、ドラマ『探偵の探偵』で日本ドラマ初出演を果たしました。
 

 
その後の活躍は『あさが来た』や『ダメな私に恋してください』『モンテ・クリスト伯』etc…などご存知の通り。


ディーンさんは5か国語(英語、中国語、日本語、広東語、インドネシア語)を操れるそうです。(天才ですね)


千葉の県立船橋高等学校卒業後はアメリカのシアトルのカレッジに留学し、ITを専攻。


趣味・特技は中国武術、キックボクシング、チェス、写真撮影、ギターにドラム、スキーにバスケットボール。。。etc


なんとも多趣味多才でおしゃれですね。
 

 



 

ディーン・フジオカの家族

 
 
そんな、華麗な経歴を持つパーフェクトなディーンさん。

残念ながら、勿論すでに素敵な奥様とお子さんがいらっしゃいます。

奥様はディーンさんより2歳年上でインドネシア国籍のヴァニーナ・アメーリア・ヒダヤットさん(中国系インドネシア人)。

4年半の交際の末、2012年7月にバリ島で結婚式を挙げました。

お二人は台湾で出会われたそうで、元モデルさん。納得の美貌です。

実家は華僑。ご自身はジャカルタで音楽系の芸能プロダクションの代表をされているんだとか。お金持ちなんですね・・・

オーストラリアで育ち、台湾でディーンさんと出会い、現在はインドネシアに在住。
なんともワールドワイドな世界ですね。

お二人の間には二卵性双生児で1男1女のお子さんがおり、更に2017年3月には第3子(女の子)が誕生!ディーンさんは3児のパパです。

インスタグラムでもたまにですが、ご家族の素敵な写真があげられているので要チェックです!
 

この投稿をInstagramで見る

Please don’t grow up too fast…

ディーンタピオカ店長😛さん(@tfjok)がシェアした投稿 –


 
ディーンさんはジャカルタに住んでおり、仕事があれば単身赴任するというスタイルをとられているそう。

少し大変な気もしますが、「家族と一緒に過ごせる環境」「家族のつながりを硬く維持すること」を重視しており、ご家族を大切にされているようです!素敵ですね!
 



 

まとめ

公私ともに充実しているディーン・フジオカさん。

この秋のドラマ、「シャーロック」での活躍も期待です!