またしても「お騒がせなお隣さん」
が話題になっています。
韓国は慰安婦財団の解散を日本政府に連絡しました。
日韓合意がまたしても韓国側から反故にされた形となり
日本国内の反韓感情は静かに
しかし確実に高まりつつあります。
一体、韓国の目的は何なのか?
暴走としか思えない韓国の最近の動向について
振り返ってみる事にしましょう。

 

先には徴用工(自称)の賠償判決

韓国の最高裁は先日、元徴用工(自称)が起こした裁判において
日本企業に賠償を命じる判決を言い渡しました。
この判決に日本政府関係者は激怒。
数々のルートを通じて韓国に反論のメッセージを送りました。
このニュースを受けて日本各地では
日韓友好のイベントのいくつかが
中止になる事態となりました。

再び破られた国同士の約束

さらにこの騒動が終息する気配もない今再び発生した今回の騒動。
日本人の韓国に対する不満はとどまる事を知りません。
そもそも今回の慰安婦を含む多くの問題に関して2015年の日韓合意で
「最終的かつ可逆的に解決」を果たしています。
それを一方的に破った韓国に批判が集まるのは当然。
まごうことなき韓国の裏切りといえるでしょう。

もはや韓国は国際社会のルールが通用しない
国家に成り果ててしまったのでしょうか・・・。

 

日本国民の怒りがあちこちから聞こえてくる今回の事件。
日本政府関係者の方々においては
この問題に対して是非厳しい態度で対応していただきたいものです。
そして今後の日韓の関係が一方的でなく
韓国が当たり前に約束を守ってくれる
国家になってくれる事を切に願います。