先日大きな話題となった
人気韓国人グループBTSによる
原爆Tシャツ問題。
日本のみならず世界各国からも
批判が集まりました。
これを受けてBTSはコンサート会場にて
「本当にごめんなさい、日本の皆さん」
というコメントを残したと
TBSが報道していましたがこれがまったく嘘。
メディアに対する批判がとどまらない今日
また新たな捏造が明らかになってしまいました。
憤りが隠せない今回の事件を早速みていきましょう。

 

「ごめんなさい」ではなく「胸が痛い」

TBSは報道番組「Nスタ」の中で
訂正のコメントを発表しました。
その内容はBTSのメンバーが
コメントした内容は
「本当にごめんなさい、日本の皆さん」
ではなく
「本当に胸が痛いですね」
であったというもの。
これが本当であれば
日本に対する
正式な謝罪の発言ではない事になります。
この件に関しては謝罪をしたことに対して
韓国内部からもBTSに対して
批判の声が上がっており
事態はよりいっそう
複雑化の様相を呈しています。
「なぜメディアは事実を
そのまま報道するという
当たり前のことができないのか」
「テレビ局の”忖度”を
視聴者は望んでない」
といった意見が
巷では多くあがっており
また一つメディア不振の実績を
積み上げてしまう結果となってしまいました。
国民のTBSへの不信が
払われる日はやってくるのでしょうか・・・。

 

日本の国民が日本のメディアを
信用できないという
悲しい状況になりつつある現在。
各報道関係者の方々が特定の人
勢力に慮ることなく
ニュースが報道される日常が
やってくることを切に願います!