今や日本に大きな影響力をもつ高須クリニック院長の高須克弥さん。




70歳を超える年齢ながら定期的にブログ、インスタグラム、ツイッターを更新し、たくさんのフォロワーを獲得しています。


 

View this post on Instagram

かっちゃんの誕生日。東京高須クリニックスタッフお祝いなう

Katsuya Takasuさん(@katsuyatakasu)がシェアした投稿 –



正式に結婚はしていないものの、彼女であり、事実上の妻である西原理恵子さんとはラブラブ状態。

がんを告白した現在も今の生活をポジティブに楽しんでいるようです。




もちろん資産も膨大で、名古屋に広大な自宅を持ち、資産は百数十億とも噂されています。

そんな高須克弥院長が時に話題になるのがツイッターでのバトル。(御本人は「啓蒙」と主張なされています)

高須克弥院長のツイートは過去から現在に至るまで世間の注目を浴びてきました。

今回はそんな高須克弥院長のツイートの中でも最も話題を呼び、妻の西原理恵子夫人侮辱被害も巻き起こしたツイッターバトルについて掘り下げてみました!


高須克弥院長のプロフィール

高須克弥院長の経歴を簡単に紹介します。

本名

高須 克弥(たかす かつや)

出身地

福岡県糸島市

配偶者

高須シヅ(死別)
西原理恵子(事実婚)

子供

息子が3人(いずれも高須シヅさんとの子供)

職業

医師




管理人管理人

ドイツの最新技術を導入して早期退院に成功したら入院期間が短いと患者からクレームが起きたというエピソードがある。

助手助手

患者のために取り入れたのに不評とは高須克弥院長も驚いたろうね。

管理人管理人

今も昔も自分が理解できない急激な変化には拒否反応が出るものだ。

助手助手

XJAPANのToshlさんが改名した時もファンから不安の声が挙がったしね。


高須克弥院長のツイッターバトルまとめ

ここからは実際に繰り広げられた高須克弥院長のツイッターバトルを1つずつ見ていくことにしましょう!

ツイッターバトル1:高須克弥院長VS虫尾緑(ミュージオミドリ)

2018年1月6日、虫尾緑(ミュージオミドリ)というアカウントからある発言がツイートされました。

その内容は「西原理恵子自身が、高須の慰安婦という存在な訳ですから・・・」という侮辱としか言いようのないツイート。

西原理恵子さんは言うまでもなく、高須克弥院長の奥さん。

このツイートに対しすぐに高須克弥院長がリツイート。




ここで虫尾緑氏がすぐに謝罪していれば高須克弥院長もここで終わりにしたでしょう。

ところが、ネットの匿名性の安心したのか、更に喧嘩を売ってしまいます。




虫尾緑氏は高須克弥院長のことを甘く見ていたようです。

そう、高須克弥院長はこういうとき、どこまでもやってしまうのです。

翌2018年1月7日には弁護士と相談して訴訟を起こすことをツイート。




まさに電光石火の行動。ここに来てようやく虫尾緑氏も事の重大さを理解したようです。

とたんに下手に出て言い訳のツイートを投稿。




あまりにも苦しい言い訳。そもそも言い訳にもなっていないような…。

当然、高須克弥院長の怒りは収まること無く、翌1月8日には次のツイートを投下。


 



あくまで法廷での決着を望む高須克弥院長に対し、虫尾緑氏は言い訳と謝罪のオンパレードを繰り返します。

6日後の2018年1月13日にはかなり精神的に追いつめられたのか、自身の両親を引き合いに出して許しを乞うまでに。




この低姿勢が高須克弥院長の心に届いたのか、虫尾緑氏の最初のツイートから16日後の2018年1月23日、高須克弥院長は最後のチャンスを与えました。


 



この後、虫尾緑氏は謝罪のツイートを投下。2018年1月25日にようやく高須克弥院長も謝罪を受け入れ、訴訟を取り下げました。


 



世間では「バカッターの極み」と言われたこの炎上。

ネットだから正体がわからないと安心して調子に乗ると思わぬ被害を被るといういい教訓になった騒動でした。

高須克弥院長と虫尾緑(ミュージオミドリ)のツイッターバトルについての世間の反応

 

事の経緯が経緯だけに虫尾緑氏に対する擁護をする人は皆無。

それどころか高須克弥院長が訴訟を取り下げたことを残念に思っている人が多いようです。

「無礼者には徹底的に処罰を」というのが現代のネットの風潮ですが、今回のケースもそれに当てはまる形になりました。
 

助手助手

どうしよう。自業自得という感想以外何も出てこない。

管理人管理人

まあ総括すればその4文字に尽きる。

助手助手

久保田かずのぶさんと武智正剛さんの炎上もそうだけど、ホント今の時代は気をつけなければ。

管理人管理人

人の悪口は言わないことが一流の証です。本の受け売りだけど。


何気なく発言した暴言が大きな失態となった虫尾緑氏。

同じ過ちを犯さないためにこの本を読むことをオススメします。
 

ツイッターバトル2:ウーマンラッシュアワー村本大輔

数ヶ月に及んだ高須克弥院長とウーマンラッシュアワー村本大輔さんのツイッターバトル。

あまりにも長すぎて最初のやり取りも忘れている方も多いのではないでしょうか?

そもそもの発端は2018年12月に行ったローラさんの米軍基地の移設反対運動に対する意見の対立からでした。


 
立場が違う2人の議論は平行線をたどります。

大人の対応を見せる高須克弥院長に支持が集まるのに対し、駄々っ子のような発言が続く村本大輔さんへは批判が集中していきました。

そんな中、村本大輔さんが高須克弥院長のツイートをブロックしていることが発覚し、さらに評判が悪化してしまいます。


 


2019年に入っても、ツイッターでの村本大輔さんの失言は続き、ネット上で村本大輔さんを支持する声は皆無と言っていい状態になってしまいました。


 



しかし、高須克弥院長はその後も村本大輔さんを「育てる」姿勢を崩さず、対応を続けていたのですが…。


 



2019年2月にとうとう高須克弥院長は態度を改めない村本大輔さんを「見捨てる」ツイートを投稿。


 



これを受けて村本大輔さんも高須克弥院長に対し決別宣言。


 



最後まで平行線のまま、もの別れに終わってしまいました。

高須克弥院長とウーマンラッシュアワー村本大輔のツイッターバトルについての世間の反応

2018年から世間を騒がせていた高須克弥院長とウーマンラッシュアワー村本大輔さんのツイッターバトル。

そのやりとりについて世間の反応を確認してみましょう!
 



ネット上では高須克弥院長とウーマンラッシュアワー村本大輔さんでは格が違うという意見がほとんどのようです!


 

助手助手

村本大輔さんはなんというか…勉強不足というか経験不足というか。

管理人管理人

高須克弥院長と比較したらほとんどの人がそうなるよ。

助手助手

芸人が個人を批判しだしたらデメリットしかないような…。JOYさんの時もそうだったし。

管理人管理人

まあ今回の件はこれはこれで良い教訓になったと思います。

高須克弥院長のバトルはツイッター以外でも…

何かと話題を振りまく高須克弥院長のバトルはツイッターだけにとどまりません。

非礼に対しては容赦ない態度をとることも。そう、それが国会議員であっても。




まさに失言としか言いようのない大西健介議員の発言とそれに伴う高須克弥院長の攻勢(?)もまとめてみました!

高須克弥院長VS大西健介議員


事の発端は大西健介議員が2017年5月17・18日の厚生労働委員会において、高須クリニックのCMを陳腐と表現したことから始まりました。




動画では「イエス〇〇クリニック」と発言し、直接名指しはしていませんが、高須クリニックのことを指していることは明白です。

この報道を見た高須克弥院長は当然のごとく激怒します。そしてすぐに大西健介議員と彼が所属していた民進党代表・蓮舫議員を提訴。



しかも大西健介議員にとって失策だったのが高須克弥院長は大西健介議員のおひざ元、愛知県の住人だったこと。

国会議員が自身の選挙区がある県の有力者にケンカを売るという、一般人から見たらわけがわからないこの行為は当時世間でも多くの失笑を買いました。



その後、自分の致命的な過ちに気づいたのか、大西健介議員は弁解(というかほぼ言い訳)のコメントを発表。


大西健介大西健介

(提訴)内容を聞いていないので詳しく言えない。質問では高須の名前を出しておらず、(提訴は)誤解に基づいている。法律上、名前と連絡先しか連呼できないCMがあるのは現実だ


しかし、大西健介議員に対する世間の冷え切った目は依然として続き、大西健介議員の評価は戻ることはありませんでした。

2018年10月2日に裁判所から和解勧告が来ましたが、最後まで高須克弥院長への謝罪を拒否し、和解は不成立。

その後の選挙ではかろうじて当選するものの、全国的な世間の評価は依然として低いままとなっています。


助手助手

この人は一体何がしたかったんだろう・・・。

管理人管理人

それでも選挙には勝ってるから人気はあるみたい。

助手助手

この自分の非を認めない姿勢は某国を彷彿とさせる。

管理人管理人

まあ旧民進党議員だし。そこは似た者同士ということで。

まとめ

高須克弥院長のツイッターバトルについてみてまいりましたがいかがでしたでしょうか?

「口は災いの元」と言いますが、それはネット上でも同じこと。

自分が発信したいことはあるとは思いますが、それを受け取る人の気持を考えた発言を行うことの重要性をときに振り返ることが大事だと思います!

気軽にネットに投稿できる今だからこそ、常に意識しておきたいですね!