二宮和也
 
ジャニーズのアイドルグループ「嵐」のメンバーである二宮和也さん。

二宮和也さんは嵐メンバーとして活躍中ですが、ソロのアイドルとしても、ドラマや映画、ラジオでも幅広く活躍する人気芸能人です。その活躍はツイッターやインスタグラム、個人ブログでも日々取り上げられ、一挙手一投足が注目を集めています。

そこで今回は「二宮和也は男も惚れる!ソロやドラマからブログやインスタまで大人気の魅力とは?」と題して二宮和也さんの幅広い魅力についてまとめてみました!
 

 
 
 
 
 
 



 

二宮和也は「人間的にでかい」

 
二宮和也2
 
二宮和也さんの第一の魅力は人間的にでかいことです。世の中自分のことがかわいい、自分のことでいっぱいいっぱい、そういう人間はたくさんいます。


というか、世の中はそういう人間ばかりなのではないでしょうか。(悲しいことですが)


しかし、二宮和也さんを見ていると、少し、そうではない人間を見た気がしてくるのです。


二宮和也さんにはたくさんの名言があります。


例えば「自分に全く興味がない。」という言葉。


これは、二宮和也さんの生まれつきの強さが原因と思われます。


自分に興味がなく、執着がないというのは、それだけまわりの人に関心があり、優しくできるということです。


男性アイドルというのは、やはり自分のおしゃれを気にして、自分がモテることに一番興味がある…というのが定番のイメージなのではないでしょうか。


しかし、「自分に全く興味がない」と言いきれてしまう二宮和也さん。


かつては肌の手入れをちゃんとしていない、と語っていたこともあるし、おそらく口だけとは思われません。


自分に興味のない二宮和也さんの見せてくれる、「飾らないからこその魅力」「まわりの人に愛される姿」「誠実に一生懸命生きること」そういった生き方の光り方が、やはり二宮和也さんは尋常ではないのです。


私には、その光り方が、二宮和也さんをして、人気アイドルグループ嵐の一員たらしめていると思えてなりません。
 



 

二宮和也は「とにかくコミュ力が高い!」

 
二宮和也3
 
二宮和也さんの第二の魅力は、とにかくコミュ力が高いことです。


私はこのことが、以下の点に現れていると感じています。

親交の多い芸能人多数

木村拓哉との相思相愛ぶりは、バラエティでの番宣などでもたびたび目にします。


吉永小百合さんは二宮和也さんのことを「息子」と呼んでいるし、綾野剛ら西島秀俊など、とにかく枚挙にいとまがありません。

誰にでも好かれちゃう!

有名脚本家の倉本聰さんは二宮和也さんに惚れ込み、誕生日に手紙を送ったそうです。


そして、二宮和也さんは倉本聰さんのことを「そうちゃん」と呼んでいるとのこと。


なんというコミュ力…でしょうか!

自分への執着のなさ

二宮和也さんは、自分に全く興味がない、と述べています。


人とコミュニケーションをするとき、相手へ興味を持つことが一番大事、と言われています。


つまり、自分に全く興味がない、自分に全く執着がない、という二宮和也さんが、多くの人に愛されるのは当然ではないでしょうか。

嵐の仲の良さ

嵐は仲が良いことはもはや論じるまでもありません。


あのなんとも言えない、ほんわかした空気感が好き、という方も多いのではないでしょうか。


ちなみに、二宮和也さんは、嵐のメンバーのことを、「あの人たちは、特別な人たち」と常々語っています。


嵐の雰囲気の良さには、二宮和也さんの、嵐への愛が基盤としてあるように思えてなりません。
 

 



 

二宮和也は「何でも器用にこなしちゃう」

 
二宮和也4
 
二宮和也さんの第三の魅力は、何でも器用にこなすところです。


役者、バラエティでのトーク対応、ダンス…。


順に見ていきましょう。役者としての二宮和也さんが日本アカデミー賞を受賞しているのは有名な話ですね。


また、倉本聰やクリント・イーストウッドなどの錚々たるメンバーが、二宮和也さんにラブコールを送っているとも言われています。


有名作にも多数出演しているのはファンでなくてもすでにご存知の通りです。


次にバラエティでのトークです。二宮和也さんはバラエティでのMCなどもつとめていらっしゃいます。


二宮和也さん自身はそういう仕事が好きなようですね。


また、嵐にしやがれなどの嵐の番組でも、二宮和也さんが嵐の他出演者のトークをフォローしたり、気を利かせたりしている場面がよくあります。それもスマートにこなしているという印象です。


次にダンス。あまり大きな声で言いたくはありませんが、二宮和也さんは背が高いとは言えません。(ファンの方、ごめんなさい)


しかしながら、他の長身メンバーとダンスをしているとき、そのことを感じることは多くありません。


これには、少し立ち位置をずらしたり、タイミングをずらしている二宮和也さんの機転が生かされているように思われます。


これらのように、二宮和也さんは大抵のことを器用にこなしてしまいます。


本人も、自分を器用貧乏だと述べていらっしゃいます。しかし、ここでも、「器用貧乏だからあまり一つのことが深められないんだよね…というようなスタンスで、謙遜しつつなのです。


器用なうえにそれをひけらかさない。これではだれもが、憧れてしまうのも当然ではないでしょうか。
 

 



 

二宮和也は「女の子のエスコートが上手い」

 
二宮和也5
 
男性アイドルの魅力は、必ずしも品行方正さだけを感じさせないところだと思います。


その点二宮和也さんには、こんな一面も。それは、女性慣れしているところです。


二宮和也さんの恋愛遍歴に関しては多くを語る必要はないでしょう。長澤まさみ、佐々木希…。浮名を流した女性芸能人は多いです。


これだけの女性と付き合ってきた二宮和也さんは、当然それだけの経験も持っているのでしょう。


「ダメ嵐」というテレビ番組で、嵐のメンバーが様々なタスクに挑戦するというものがありました。


そこでは女の子をナンパする、といった企画ものもありました。


そのとき、大抵一番気の利く回答を見せるのは二宮和也さんであったと個人的には思っています。


例えば、まず、「今何してるの?」と聞く。その後相手が「買い物~。」などと答えると、「この後何するの?」などと投げかけるといったようなやりとりです。


このへんはやはり経験が伴わなければできる回答ではないでしょう。


今までどういった経験をしてきたのでしょうか。もし私がそんな立場だったら…。そういう風に想像させること。


これこそが、男性アイドルを魅力的にすることだし、女性ファンの心をくすぐることなのではないでしょうか。


二宮和也さんは、正面切って、素敵なアイドルなのです。
 



 

二宮和也は「とにかく誠実」

 
二宮和也7
 
二宮和也さんは、とても「いいやつ」なのです!


例は出しづらいのですが、二宮和也さんの名言などからもそれは読み取れます。


例えば、二宮和也さんは役者として、このようなポリシーを持っています。


それは、「仕方なくやってしまった悪事などは存在しない。そう言った役は絶対やらない。」といったものです。


また、SMAP解散騒動でジャニーズ事務所が揺れた時、二宮和也さんはアカデミー賞授賞式のスピーチで「ジャニーさんに感謝します」といった言葉を残しました。そんなことを言える状況ではない時に。


きっとジャニー氏の心には大きく響いたのではないでしょうか。


また、二宮和也さんは、基本的に弱い者いじめをしません。


嵐がトークしている時、大野智さんはあまり自分から発言することは少ないです。


おそらく、画才があったり、歌がうまかったり、というのが二宮和也さんの魅力なので、あまりトークで前に出る必要がないのかもしれません。


しかし、そのことでを芸人などがいじっている場面はよく目にします。


ところで、多くの場合、嵐のトーク中、二宮和也さんは大野智さんの隣にいます。


そこで、さりげなく一緒にカメラに向かってポーズをとったり、さりげなく話を振ったりしていることが多いのです。
 

 
二宮和也さんはとても優しい男性なのです。「結局いいやつであることが人間一番大事」ということを思い出させてくれる人間でもあるのです。
 



 

二宮和也は「かなり繊細」

二宮和也さんは非常に繊細です。


これは、何よりも二宮和也さんの演技を見ていればわかっていただけるのではないでしょうか。


青の炎、硫黄島からの手紙…。


二宮和也さんは、いろいろな作品でその心の繊細さ、完成の豊かさを見せてきました。


あるとき、二宮和也さんは線の細い、儚い少年のように見えることもあります。


また、女性誌MOREの連載記事で、二宮和也さんはよく、自分の心の中を語っていました。


そもそも、この連載の名前はIt(一途)ーーいっとーーといった。二宮和也さんが、一途ーーいちずーーに歩んでいく道のりをえがく、そういう意味に見えました。ここには、もっと年齢層の高い読者も夢中にさせるような、深い洞察力や内省力があります。


繊細な人間というものは、えてしてマイナスイメージを抱かれやすいものです。


例えば、世渡り下手だったりするから。しかし、二宮和也さんは、繊細さの上に器用さやコミュ力を併せ持っています。


ある時、二宮和也さんは「図太く」みえることさえあります。それだけたくましいからです。


それにより、二宮和也さんは持ち前の繊細さを生かしながら、まわりの人を愛しつつ、国民的アイドルグループの一員として輝いています。


それは、私を含めたとても繊細な人間にとって、この上ない希望でもあります。


また、あまり繊細でない人間にも、そういったことの大事さを教えてくれます。人の心の機微に向き合ったり、自分の感性を見失わなかったり…。


二宮和也さんには深さがあります。簡単な説明では言い表せない人間的魅力が。


それが、二宮和也さんを「二宮和也」として輝かせているのです。
 

 
助手助手

個人的に大野さんとの掛け合いが大好きです。

管理人管理人

嵐は5人の関係性が本当にいいですね。

 
アイドルとしても、嵐という素晴らしいグループの一員としてファンの期待に答える二宮和也さんにこの言葉を贈ります。
 

 



 

まとめ

二宮和也さんのすごさ、素晴らしさについてご紹介させていただきました。

とはいえ、二宮和也さんの魅力はこんなものではありません。

そしてこれからも私達を大いに楽しませてくれることでしょう。

まだまだ二宮和也さんの活躍から目が離せませんね!
 
関連記事もどうぞ!