芸能界を駆け巡った芸人コンビ「カラテカ」の入江慎也さんの闇営業とそれにともなう吉本興業の解雇。

そして今回、入江慎也さんが仲介した宮迫博之さんや田村亮さんの謹慎処分が発表され、大きな話題を呼びました。

反社会的勢力と交流があったにもかかわらず吉本興業は今回の処分を謹慎で済ませました。

しかし騒動の余波は大きく、スポンサーが撤退してCMの差し替えが起こるなど関係者は大騒ぎ。

吉本興業にも批判が集まっています。

そこで今回は「【闇営業】なぜ宮迫、田村亮は謹慎処分で許される?今後はスポンサー撤退で需要無し?」と題して、今回の吉本興業所属芸人の謹慎処分について見ていきたいと思います!
 

 

 

 


吉本興業の芸人11人謹慎処分報道をチェック!

吉本興業の芸人11人謹慎処分は各メディアで一斉に報道されました!
 

 

事務所を通さずに仕事をする“闇営業”を詐欺グループとの間で行った問題で、吉本興業が雨上がり決死隊の宮迫博之(49)ら所属芸人11人を謹慎処分としたことが24日、わかった。

これまで受け取っていないとしていた金銭について、受け取った事実があったと同社が判断した。

 ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)ら参加した芸人の今後のスケジュールはすべて白紙となる。

吉本が契約を解消した仲介役のカラテカ入江慎也(42)に続き厳しい処分となった。

対象は2014年12月に詐欺グループの忘年会に参加した宮迫、田村、「レイザーラモン」HG(43)、ガリットチュウ福島善成(41)の4人と、詐欺グループの別の誕生会に参加した、くまだまさし(45)ムーディ勝山(39)天津・木村卓寛(43)ら。

数年前の出来事で記憶に曖昧な点も多く、事実関係を確認するため同社で複数回のヒアリングを行う中で金銭の授受が発覚した。

あくまで入江を窓口にした闇営業で「詐欺グループであることは全く知らなかった」と話しているという。

11人は当初のヒアリングで「詐欺グループであることは知らなかった。ギャラも受け取っていない」と説明しており、厳重注意処分となっていた。

テレビ朝日「アメトーーク!」など多くのレギュラー番組を持つ宮迫ら人気芸人の突然の謹慎処分決定。

テレビやラジオ各局も対応に追われるのは必至で騒動は広がりをみせそうだ。

 

 

管理人管理人

これはテレビやラジオ局が大変だ…。

助手助手

スポンサーへの対応もあるし、責任者は寝られないんじゃないだろうか…。

 


吉本興業の対応に「処分が遅過ぎる」「判断の間違い」との声も…。

今回の騒動については、吉本興業の処分があまりにも遅いと批判が高まっています。
 

 
 


 
お笑いコンビ・カラテカの入江慎也さんが吉本興業を解雇されたのが6月4日
 

 
そして今回の謹慎処分の発表が6月24日実に20日が経過しています。

さすがに今回の発表は遅いと言わざると得ません。

ツイッターの反応もやむなしといったところでしょうか。
 

【闇営業】なぜ宮迫博之、田村亮は謹慎処分で許される?

今回の騒動に対し、「雨上がり決死隊」宮迫博之さんと、「ロンドンブーツ1号2号」田村亮さんは謝罪のコメントを発表しました。
 

 

「この度は世間の皆様、関係者の皆様、並びに番組・スポンサーの皆様に大変なご迷惑をおかけし申し訳ございません。

そういった場所へ足を運んでしまい、間接的ではありますが、金銭を受領していたことを深く反省しております。

相手が反社会勢力だったということは、今回の報道で初めて知ったことであり、断じて繫がっていたという事実はないことはご理解いただきたいです。

詐欺集団、そのパーティーに出演し盛り上げている自身の動画を目の当たりにして、情けなく、気づけなかった自身の認識の甘さに反省しかございません。

どれぐらいの期間になるか分かりませんが、謹慎という期間を無駄にせず、皆さんのお役に立てる人間になれるよう精進したいと思います。改めて誠に申し訳ございませんでした」

 

「特殊詐欺グループの開いた会に、私ロンドンブーツ1号2号田村亮が参加した件で、金銭の受け取りがございました。

自分の都合のいいように考えてしまい、世間の皆様に虚偽の説明をしてしまった事を謝罪させて頂きます。

私を信用してくれていた世間の方々、番組スタッフ、関係者、吉本興業、先輩方、そして淳を裏切ってしまった事は謝っても謝り切れないです。

ただ、特殊詐欺グループとは本当に知りませんでした。そこだけは信じて頂きたいです。

このような行動をとった自分が恥ずかしくて堪えられないです。

謹慎期間を通して、自分を見つめ直し二度とこんな行動をしない人間になるようにします」

 
田村亮さんはこの謝罪に先立ち、金銭は受け取っていなかったというツイートを投稿していました。
 


 
ご自身も仰っているとおり、虚偽の説明をしたことになります。

同様に宮迫博之さんもギャラの受け取りについては否定していたようです。

問題となっている詐欺グループの忘年会は、2014年12月に開催。

入江が芸人を集め、サプライズゲストとしてお笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之らが登場したことが報じられている。

気になるのがそのギャラだが、宮迫は入江からギャラを受け取っていないことを主張していた。

 
しかし、結局は間接的にとはいえ、ギャラを受け取っていたことが判明。

宮迫博之さんも嘘をついていたことが発覚してしまいました。

知らなかったとはいえ、反社会的勢力と関係があったこと、ギャラを受け取っていないと虚偽の説明をしたことなどで批判は高まる一方です。

そして今回の事件を謹慎処分で決着した吉本興業にも批判は殺到しています!
 

世間の声

島田紳助ほどの人物が引退するほど反社会との関わりは致命的。
知らなかったというのは本当かもしれないが、お金は貰ってなかったと虚偽をしていたのなら謹慎では軽いと思う。
反社会にお金を流すことを厳しくしてる中で、そこからお金をもらっていた事実は相当重いはず。

世間の声

カラテカの入江さんと楽しんごさんは闇営業で契約解除になったのに、何故、他の人は謹慎処分で許されるのでしょうか。
売れてる人は利益のために処分されないのであれば、今後、他の芸人さんたちは売れていれば何をしてもよいと示しがつかないのではないのでしょうか。
金額が多い少ない関係ないと思うのですけれど、納得いかないですね。

世間の声

なんだよ。さっきの記事では誤報だと反論したくせに、よしもとは素人会社か。
最初から謹慎させればよかった話。世間はそうみてたんですから。金銭授受がなかろうが、相手を知らなかっただろうが、反社会組織のパーティーに参加したことが問題なのです。
金銭授受もあったことが判明したからには、謹慎では甘いです。解雇相当だと思う。

世間の声

謹慎で済まそうなんて危機管理が甘過ぎる 闇営業が問題なのではなく反社との付き合いが問題なのであって 私個人としては薬物よりも重く見るべきと思う 謹慎明けてTV出てもスポンサーに苦情が殺到するのは間違いない 解雇が妥当ではないのか 謹慎だけではNGTのようにいつまでもおさまらないだろう

世間の声

関わった芸人は全員解雇で良いのでは?
金銭の授受はなかったと言っていたのに嘘。
ということは、反社というのも知っていて参加した、もしくは参加して見聞きして気付いていたのは報道からしてもあり得ることだと思う。
嘘が判明すると、どれが本当でどれが嘘か分からなくなる。信頼を失う。
「バレなきゃいいや」が見え見え。

 
世間の声も「解雇が妥当」と意見が圧倒的でした。

なぜ、吉本興業は関係した芸能人を謹慎処分にとどめたのでしょうか?

宮迫博之さんや田村亮さんが解雇されない理由については、色々な意見が挙がっていましたが、やはり「証拠がない」というのが大きいようです。
 


 

管理人管理人

でもさすがに虚偽の発言で謹慎処分は軽い気がするけど…。

助手助手

でも謹慎より重くて解雇より軽い処分てなんだろう?

管理人管理人

うーん難しい。

 



 

【闇営業】宮迫博之、田村亮はスポンサー撤退で需要なし?引退の危機も!

今回の件で宮迫博之さんや田村亮さんが出演する番組からはスポンサーが撤退するのではと噂されています。

すでに「フライデー」ではスポンサー撤退の記事が。
 


 
そして宮迫博之さんがMCを務める人気番組「行列のできる法律相談所」。
 

 
行列のできる法律相談所は宮迫博之さんのMCをそのまま放送しましたが、スポンサーの提供はカットされていました。
 


 
いくら面白い芸人でも起用してくれる企業があってこそのもの。たくさんの番組のスポンサーをつとめている高須クリニックの高須院長もツイートしています。
 

 


 

 
もしこのまま企業イメージを損ねることを恐れる企業が、宮迫博之さんや田村亮さんの起用に揃ってNGを出すようなことになれば、最悪引退の危機も…。
 


 
ツイッターでも「引退するべき」という意見が沢山見受けられました。
 

管理人管理人

復帰しても需要があるかな・・・?

助手助手

ビートたけしさんも昔騒動起こしたけど復活したからあるところにはありそうだけど。

 

まとめ

「【闇営業】なぜ宮迫、田村亮は謹慎処分で許される?今後はスポンサー撤退で需要無し?」について見てまいりましたがいかがでしたでしょうか?

自業自得とはいえ、厳しい状況に置かれた宮迫博之さんや田村亮さん。

果たして芸能界に復帰できるのか?今後の動向に要チェックですね!