【ドラマ】『シャーロック アントールドストーリーズ』【第1話】のあらすじからネタバレ、ストーリーや感想までまとめてみました!


シャーロキアン――世界で指折りの有名な探偵、シャーロック・ホームズファンを指す言葉ですね。

これまでに洋ドラ、洋画、アニメ、と映像化されてきました。

今回は、『モンテ・クリスト伯』、『レ・ミゼラブル』に引き続き、なんとシャーロックが邦ドラ化!

名探偵シャーロック・ホームズを犯罪コンサルタントを名乗る誉獅子雄(ほまれ ししお:ディーン・フジオカ)として、捜査一課の警部レストレードとして江藤礼二(佐々木蔵之介)と、そこに加わる元医師ジョン・Hワトソンとして若宮潤一(岩田剛典)が事件の絡まった糸を解く推理ドラマ『シャーロック アントールド ストーリーズ』のあらすじとネタバレ、感想まとめをお送りします。
 
関連記事もどうぞ!

 

 



 

『シャーロック』【第1話】ののキャストと原典で相当するキャラクター

誉獅子雄・・・ディーン・フジオカ → シャーロック・ホームズ
若宮潤一・・・岩田剛典 → ジョン・H・ワトソン
江藤礼二・・・佐々木蔵之介 → レストレード警部
小暮クミコ・・・山田真歩 → サリー・ドノヴァン
レオ・・・ゆうたろう → ベーカーイレギュラーズ(ベーカー街遊撃隊)
 
赤羽栄光・・・中尾明慶
赤羽汀子・・・松本まりか
水野麻里・・・松井玲奈
石井太・・・木下ほうか
郡司貴生・・・淵上泰史
赤羽隆(栄光の父)・・・山田明郷
赤羽雅恵(栄光の母)・・・浅茅陽子
赤羽光(栄光の娘)・・・西富あさ希
今井茂樹教授・・・平泉成
 
 



 

『シャーロック』【第1話】のストーリー(ネタバレあり)

『シャーロック』【第1話】のストーリーを見ていきましょう!
今回はストーリーを

  • パセリとバター
  • 美しい妻
  • 情報という名のピース(欠片)
  • 過去と解決

の4部に分けてお話していきます。
ではどうぞ!


『シャーロック』【第1話】1:パセリとバター

とある病院。
 
何かから逃げる医師の赤羽栄光(中尾明慶)。
 
別の場所では夜中のラウンド(巡回)中の看護師・水野麻里(松井玲奈)。
 
そしてそれらは警備室のモニターに映し出されていました。
 
しかしその夜の警備当直の石井太(木下ほうか)は居眠りをしているのでした。
 
とうとう赤羽は追い詰められ、病院の屋上の金網を乗り越え、そして仰向けに落ちてしまいました。
 
ラウンド中だった看護師の水野は窓から、地面に落ちた赤羽の遺体を見つけて叫びます。
 
その叫び声で居眠りから目覚めた石井は慌てて駆けつけるのでした。
 
警察が呼ばれ取り調べが行われます。
 
しかし看護師の水野、警備員の石井ともに証言が真実ではない、といきなり現れた白衣の男に指摘されてしまいます。
 
嘘つけ。警備室で『助けて』という声を聞いてなぜ中庭へ行った? ましてや到着は医師やナースより後だったんだろ。あんたは『助けて』なんて声は聞いていない。どうせ居眠りでもしていたんだろ?
 
なぜ赤羽先生の声だとわかった? さっき『やっぱり』と言ったろ。やっぱりというのは前もって予測していたときに使う言葉だ
 
立て板に水のしゃべりでふたりの証言の矛盾を鋭く突くのは、誉獅子雄(ディーン・フジオカ)。
 
看護師の水野は獅子雄に、赤羽が精神科にかかっていた、と告げました。
 
そのとき、取り調べに集まっている医療スタッフたちの中からそっとひとり立ち上がって、部屋から出ていく姿が。
 
精神科医の若宮潤一(岩田剛典)でした。
 
若宮の後を尾けていく獅子雄。
 
若宮は尾けられていることはわかっていました。
 
――後ろから足音が聞こえてきたときに、友人だと思って振り返る人と、敵だと思って身構える人では世界の見え方が全く違うだろう。
 
残念ながら、僕はずっと後者だった――
 
若宮はそんなことを思いながら病院の自室に入ってドアを閉めますが、獅子雄は若宮の許可ももらわず、勝手に入ってきてしまいます。
 
なぜ逃げた? 精神科の若宮せ、ん、せ、い
 
そこで若宮が赤羽の診察をしていたこと、そしてその診断内容を獅子雄が訊きます。
 
どんな事情であろうと我々は患者のプライバシーを第一に考えます。医者として当然のことだ
 
医者として? ハッ
 
獅子雄は若宮にもまた、鋭い指摘を入れます。
 
医者として限界を感じてるんじゃないの? あんた今、転職したいと考えている
 
結局、若宮は2週間前に、ごく一般的な、と前置きしつつ、赤羽に精神安定剤を処方したことを明かしました。
 
で。見立ては?
 
ですから。一般的な疲労でしょう
 
そっちじゃなくて。殺しの見立ては?
 
獅子雄は、若宮が赤羽と大学の同期であったことを指摘し、何かほかに相談を受けていたのではないかと訊ねます。
 
同期といっても、顔見知り程度ですから
 
若宮は否定しました。
 
獅子雄は話の矛先を変え、若宮のPCのデスクトップになっている赤いオーロラの写真を話題にしました。
 
手ぶれできちんと撮れていないことから若宮が自分で写したものだと推量し、赤いオーロラが北海道でしか見えないと言い、2003年と2004年に観測された事実と、若宮がその頃15歳くらいで、であれば北海道が地元であるのだろう、と言い連ねます。
 
そしてさらには、そこから若宮が医者になってまだ数年であること、そのくせ大した成果が実らないと諦めかけていることを、机のそばにあった『酪農のススメ』という本を取り出して言い、本棚の医学書に埃が積もっているとも言いました。
 
いいんじゃない? 田舎で牧場主になるのも。東京で薬剤師になるのも
 
本棚から、埃の積もっていない本を取り出す獅子雄。
 
・・・勝手に決めないでください
 
若宮が怒りを滲ませた声で言うも、獅子雄は自分にかかってきた電話を取ると、慌てて若宮の部屋を後にしていきました。
 
どうやら獅子雄の事務所の上の階で水漏れがあったらしく、天井からぽたぽた滴が落ちる中、荷物を片付ける獅子雄のところへ、捜査一課の警部・江藤礼二(佐々木蔵之介)が訊ねてきました。
 
水浸しの部屋を見て笑う江藤に、「引っ越し代を出せ」という獅子雄。
 
なんで俺が?
 
俺が居なくなったら困るだろう
 
犯罪はより複雑に、より残酷になっている。批判が怖い今の警察じゃ限界がある。俺みたいな犯罪コンサルタントが必要だ。
 
大きく出たね」と呆れながらも面白そうな江藤。
 
江藤は獅子雄に、病院の聞き込みの成果を訊ねますが、獅子雄の返事は「どうせ院内のごたごただ」と素っ気ない返事です。
 
夜勤の連中はいつもルーティンで動いている。犯行があったのは深夜0時、ナースはいつもその時間に外来棟の見回りに出ている、警備員はいつもその時間に睡魔に襲われる。
 
それを熟知している人間の仕業だ。
 
言い切る獅子雄に江藤は今度は、検死の結果を報告します。
 
死因は腹部大動脈の破裂による出血性ショック、つまり地面に叩きつけられた際の致傷。
そして両下肢の骨折。
 
仰向けに落ちているから誰かに襲われたと思われるのに、防御したときに体の前面や掌などにできた傷はない。
 
案外自分で落ちたのかもな
 
江藤がぺろっと言います。
 
病棟のカメラにも、逃げる赤羽の姿しか映っていないとのこと。
 
防犯カメラの位置を熟知した内部の犯行かもしれんな
 
そして胃の内容物。
 
少量の乳製品。おそらくバター、とあるな。そしてパセリ。以上。腸内に残留物なし
 
そこで獅子雄の目が輝きます。
 
バターとパセリを食べた遺体には会ったことがあるが、『バターとパセリだけ』っていうのはない
 
不可解な状況には必ず不可避な理由がある。
 
獅子雄は考え始めました。
 

『シャーロック』【第1話】2:美しい妻

自宅で学生時代を思い出す若宮。
 
クルーザーの中で何人もの学生たちが勉強をしている夢で、赤羽と自分もいます。
うなされる若宮。
 
江藤は部下の小暮(山田真歩)と、獅子雄も連れて死んだ赤羽の自宅へ聞き込みに来ていました。
 
夫の亡骸を前に泣き崩れる妻の汀子(松本まりか)。
 
だから言ったんだ。こんなことになるなんて
 
赤羽の父の隆(山田明郷)が激しい語調で言います。
 
何を言ったんですか
 
獅子雄がすかさず隆に訊ねます。
 
怪訝な顔をする隆に、獅子雄はさらに訊ねました。
 
いや。『何をどう』言ったら、『こういうことにならなかった』のかと思って
 
そんな獅子雄の質問には答えず、隆は、自分が恵洋大学医学部の教授で、警視総監とも親しい、と江藤を威嚇します。
 
そして夫を亡くしたばかりの汀子に、赤羽の母・雅恵(浅茅陽子)も厳しく、娘を育てられないなら引き取る、と言いながら帰っていきました。
 
大変ですね、と小暮が汀子に声を掛けると、「私は嫁として認められていないので」と汀子。
 
コンパニオンをしていて医学部のパーティで赤羽と知り合い、子どもができて結婚したのだ、と言い、赤羽が民間病院に勤めていたのも汀子にひっかかったせいだと言われる、と。
 
甲斐甲斐しく娘に食事をさせる汀子を見て、獅子雄はこんなときにまで手料理とはすばらしいと褒めます。
 
そして、娘の左利きを矯正する汀子に獅子雄が急須を渡したとき、汀子はそれを左手で受け取ったことに獅子雄は気付きます。
 
ところで若宮先生、ご存知ですか?
 
たしか同じサークルでとても親しくしていた、と汀子からの答えを聞いた獅子雄は、どこか満足げでした。
 
赤羽が卒業した榎原医科大学へ、獅子雄は、赤羽が学生時代所属した研究室の今井教授(平泉成)を訪ねます。
 
そこで、学生時代の成績は下のほうだったこと、国試もぎりぎりで合格したこと、だが、民間病院では大活躍だった、という話を引き出しました。
 
獅子雄は若宮についても訊ねます。
 
若宮は早くに父親を亡くし、苦労したこと、奨学金をもらっていたこと、バイトに明け暮れて勉強する暇がなかったとこぼしていたことを今井教授は話します。
 
そして若宮と赤羽が所属していたというサークルについても、教授から手がかりを聞き出しました。
 
そのサークルに、ひとりだけ医者になっていない男がいることがわかり、獅子雄は彼、郡司貴生(淵上貴生)について調べ始めます。
 
未来医学研究会という名前で活動していたサークルが、赤羽と若宮、そして郡司が所属していたサークルでした。
 
郡司のブログには、学生時代の思い出として記事がありました。
 
学生時代、クルーザー『クレオパトラ』号で過ごしたときの写真も。
 
それは2週間前の記事でした。
 
2週間前…。
 
獅子雄は、若宮が赤羽に薬を処方したのが2週間前と言っていたことを思い出します。
 
赤羽の葬儀が行われました。
 
若宮もほかの同僚と共に弔問に訪れていました。
 
その頃、獅子雄は病院へ水野を訪ねて行っていました。
 
見せたいものがある
 
見たくないです
 
希望は聞いていない
 
獅子雄が水野に見せたものは、郡司が映っている動画でした。
 
外来に来た患者さん・・・かな?
 
2週間前か?
 
確かそのくらいだったかも
 
赤羽先生の具合が悪くなったころだ
 
獅子雄は、赤羽が死んだ日、赤羽と言い争っていたのがこの男ではなかったかと訊ねます。
 
水野は否定もしませんでしたが、肯定もしませんでした。
 
赤羽家からは弔問客が帰っていきます。
 
そこへやってきた獅子雄。
 
そのとき、赤羽家の中で物が割れる音と、汀子らしき女性の叫び声が聞こえました。
 
江藤、小暮、獅子雄が家の中へと駆けこみます。
 
帰ってください! 何てことを! ひどいわ!
 
小暮と江藤が、汀子と若宮の間に割って入り、小暮が若宮に「何をしているのか」と詰問します。
 
別に、いや、何も・・・。僕は赤羽のことを
 
汀子は気丈にも涙を拭いて、若宮に帰ってもらってくれとしか言いません。
 
玄関を出ていく若宮。
 
獅子雄は下駄箱の上にあった赤羽の薬袋を見ながらつぶやきました。
 
精神安定剤に、睡眠導入剤・・・
 
家の中では、汀子が若宮にしつこく言い寄られたと江藤たちに訴えます。
 
相談に乗りたい、って、そばに来て。実は、夫と付き合ってるときに若宮先生から告白をされたことがあります
 
そしてアルバムを取り出し、遺影の写真を探していた時に見つけた、と言って、若宮の顔が千切り取られている写真を見せるのでした。
 
主人が破ったとしか思えません
 
泣く汀子に娘の光が駆け寄って慰めます。
 
ママ、大丈夫? 光、もうご飯残さないから泣かないでね
 
獅子雄だけが全然違うところを見ていて、「このクレオパトラ号はご主人の実家のものですか?」とアルバムの写真を見て質問します。
 
何で分かる?」と江藤。
 
『クレオパトラ』の意味はギリシャ語で「父の栄光」。
 
赤羽の名前は「栄光」と書いてハルキ」と読むのでした。
 
獅子雄のスマホにメッセージの着信音。
 
獅子雄が送ったらしきナースの水野の写真に対して「尾行中」のスタンプが返されてきたのでした。
 
喫茶店では水野が若宮を呼び出していました。
 
私、今日も聞かれたんです。赤羽先生が部屋で言い争ってた相手は誰か?って
 
若宮には心当たりがありました。
 
赤羽と言い争っていたのはほかならぬ自分でした。
 
それに、2週間前、赤羽先生の患者さんが『精神科はどこか?』って聞いてきました。・・・でも安心してください。警察には何も言ってません
 
水野は、前から若宮のファンだった、と付け加えてにやりと笑ってみせます。
 
先生を助けたいだけです
 
脅してるの?
 
若宮は席を立っていきました。
 
残された水野。
 
その後ろ、窓ガラスの向こうには黒いヘルメットをかぶった人影が。
 
おい!? 何やってんだよ!
 
店の外へ出てきた若宮は、自分のヘルメットをかぶって立っている人影に殴り掛かります。
 
荒れてんな~。何かあったか?
 
ヘルメットを脱いだ人影は、獅子雄でした。
 


 

『シャーロック』【第1話】3:情報という名のピース(欠片)

そのまま若宮の自宅までついてきた獅子雄。
 
靴、脱いでます?
 
当たり前だろ。ここ、日本だぞ
 
そう言って家の中へ上がり込んだ獅子雄は早速観察を始めます。
 
築20年。
 
入居2年、女の気配は・・・なし。
 
1人じゃもったいないなあ!
 
ぶつぶつとあちらこちらを見て回りながらつぶやく獅子雄に呆れながら、若宮は獅子雄に話しを促しました。
 
外じゃ話しにくいから入ってもらったんだ
 
しかし獅子雄は意に介さず、観察を続けます。
 
おっ! ミント、ローズマリー、そしてパセリ。
 
バターは?
 
勝手に冷蔵庫を開けに行く獅子雄に、若宮がキレます。
 
おい! 勝手に開けんなよ!
 
嘘つきが偉そうなこと言うな
 
えっ?
 
ほんとは赤羽先生と同じサークルで、仲の良い『お友達』だったんだろ?
 
獅子雄の指摘に若宮は「死んだ人間のことをぺらぺらと話したくなかっただけ」と言い逃れました。
 
獅子雄は、クルーザーでの勉強会の話を持ち出します。
 
赤羽の家で写真を見た、と。
 
クルーザーで勉強会なんて優雅だな
 
・・・携帯のつながらない場所なら、集中して勉強できるから
 
なるほど、と言いながら獅子雄は今度はスマホに入っている写真を見せました。
 
郡司です。
 
彼も『お友達』だよな
 
さあ? 卒業後は付き合いがないから
 
しかし獅子雄は、郡司が2週間ほど前に赤羽の診察を受けに病院へ来ていたこと、そして、若宮が赤羽に精神安定剤を処方したのも同じころだと指摘します。
 
それが何ですか
 
獅子雄は、郡司が赤羽に何らかの精神的ショックを与えたと言います。
 
何らかって?
 
それは分からない
 
分かんないなら言うなよ!
 
とうとう獅子雄を追い出す若宮。
 
1人で眠れるか? 子守歌でも歌ってやろうか?
 
帰れ!!!
 
若宮の家を出た後、獅子雄は自分の情報屋のレオと会っていました。
 
赤羽の娘、光が持っていた折り紙がどこのものかをレオに調べさせる獅子雄。
 
レオはすぐにスマホで調べ上げ、ファミレスのハロウィンのキャンペーンでプレゼントされたものであることを獅子雄に見せます。
 
この家族がいつ行ったか、調べてくれ
 
そしてバイオリンを弾きながら、頭の中で収集した情報のピースを整理する獅子雄。
 
そして病院へ江藤はじめ捜査一課の一行が乗り込んでいきました。
 
若宮を任意同行します。
 
獅子雄はといえば、クレオパトラ号を置いているマリーナへ来ていました。
 
そして、調べてほしい人物がいる、と江藤に電話を入れますが、江藤は若宮の取り調べ中のため、電話を切りたがります。
 
たぶんクロだな
 
と江藤は若宮が真犯人であるように言いましたが、獅子雄は「そうかな」と軽くいなします。
 
赤羽のかみさんに、捜査進展の連絡をした方がいい
 
獅子雄がそう言うと、江藤は、まだその段階じゃない、と拒みましたが、「後追い自殺でもされたら困るだろう?」と脅します。
 
こう言うんだ。『捜査は進展した。現在、警察で重要参考人の取り調べを行っている。解決は時間の問題だ』
 
俺に指図するな!
 
江藤は獅子雄にはそう突っぱねてみたものの、あっさり、獅子雄が言ったとおりのことを汀子に告げます。
 
本当ですか
 
解決は時間の問題、と言う江藤に、汀子は礼を言います。
 
江藤との電話を切って笑みを浮かべる汀子。
 
取調室では、江藤が若宮に、葬儀の日、若宮が何を汀子に言おうとしていたのかと聞いていました。
 
僕はただ、奥さんと赤羽の話がしたかっただけです
 
江藤は若宮に、汀子に気があるんだろうとほのめかしますが、若宮は真っ向から否定します。
 
汀子はその頃、念入りに化粧をし、マニキュアを塗り、髪を振りほどいておしゃれをして光の手を引き、出かけるところでした。
 
そんな汀子の背後を獅子雄が見ていました。
 
獅子雄はレオと会って、レオから汀子の写った一枚の写真をスマホで見せられます。
 
ピンチアウトして拡大すると、汀子が手元に持っているのは生命保険の証書でした。
 
それから、こっち
 
レオが獅子雄に、光の折った鶴を渡します。
 
あの親子がファミレスに来たのは9月30日、午後8時から9時20分
 
注文したメニューは?
 
煮魚定食1、お子さまランチ1、ドリンクバー3
 
親父が頼んだのはドリンクバーだけか
 
そう言って獅子雄は笑い出しました。
 
何だよ、今、ちょうど若宮を落としてたとこなのに
 
獅子雄からの電話に江藤がそう言います。
 
解放しろ。若宮はやっていない
 
真犯人が分かった、と獅子雄は言います。
 
誰だ、と江藤は問いますが、獅子雄は今はまだ言えないと言いました。
 
あんたらが下手に動いたら逃げちまうだろう
 
何だよ、それ!と怒る江藤ですが、獅子雄はお構いなしに、とにかく若宮を解放しろと言います。
 
だから指図するな!
 
と江藤はつっぱねますが、またも獅子雄の指示通り、若宮を帰すのでした。
 
ご苦労さん。貴重な体験だったろ?
 
署の外では獅子雄が若宮を待っていました。
 
・・・笑えない
 
獅子雄にぶすっとした顔で答える若宮。
 
警察にいた方が安全だったか
 
意味、分かんねえし
 
獅子雄に背を向けて行こうとする若宮の背に、獅子雄が言います。
 
安心しろ。もう一人のお友達ももういない
 
・・・えっ?
 
獅子雄は若宮に、協力しろ、と言いました。
 

『シャーロック』【第1話】4:過去と解決

赤羽家の電話が鳴ります。
 
汀子は生命保険の申請書を記入しているところでした。
 
赤羽でございます
 
若宮です。たった今、警察から出てきました
 
会えないか、と言う若宮を汀子は断ります。
 
だったら・・・
 
若宮のそばには獅子雄が居ました。
 
獅子雄が顎で若宮を促します。
 
だったら警察に全て言います
 
受話器を通してパトカーのサイレンが聞こえ、汀子はどきっとします。
 
サイレンは、若宮の後ろで獅子雄がバイオリンで弾いている音でした。
 
汀子は若宮に会う約束をします。
 
明日、主人を偲んでクレオパトラ号で、と。
 
無事、約束を取り付けて電話を切った若宮に、獅子雄が言います。
 
合格
 
「合格、じゃねえよ! 何なんですか、これ! 説明してくださいよ!」
 
まずは聞かせてくれ。そっちの話を
 
若宮は覚悟を決めたようでした。
 
翌日、マリーナで会う汀子と若宮。
 
汀子はクレオパトラ号へ若宮を招き入れます。
 
出港したクレオパトラ号を漁船で追う獅子雄とレオ。
 
若宮はジャケットの襟の裏に盗聴器をつけていました。
 
勿論、その音声は獅子雄が拾っています。
 
沖へ出て船を停めた汀子は若宮をキャビンに呼び、飲み物を出します。
 
どういうこと? 警察に全て言う、って
 
7年前、僕たちがこの船の上でやっていたことです。赤羽から聞いてますよね
 
僕らは研究会と称して医師国家試験の問題を出題者から手に入れていた――。
 
若宮は語り始めました。
 
前の晩、獅子雄に語ったと同じことを。
 
1人 200万で手に入れた問題をこのクレオパトラ号で解く。
 
コピーを取ることは許されず、携帯のつながらない海の上でのチートな行為。
 
不正をして医者になった。5年前に他の医大から摘発者が出たときは、医師免許を返上しようと真剣に考えた
 
本気で考えたんだ!・・・でもできなかった、と若宮は獅子雄に苦しい胸中を語りました。
 
同じことを今、汀子にも言っています。
 
だったら一生、十字架背負って医者にしがみつくしかないじゃない
 
若宮は飲み物を注ごうとする汀子の手を止めます。
 
真実を言えば、誰かが幸せになるのかしら?
 
汀子がそう言うと、若宮は「でも赤羽が殺されたのは、あのことが原因としか思えない」と言いました。
 
そして、1人だけ国試に受からず医者になれなかった郡司は、医者として成功してた赤羽を脅迫してたのだ、と。
 
若宮と赤羽は話し合っていました。
 
偽者は許されないんだな」と萎れる赤羽。
 
偽者なんかじゃない。たとえ入り口は不正でも、患者のために一生懸命やってきた。俺とは違うよ
 
若宮がどこか投げやりに言うと、赤羽は、お前だって頑張ってきた、と若宮を励まします。
 
俺は、ずっと、こんな人間が患者の命を救えるのかって思ってた。
 
やればやるほど自信を失った。
 
若宮はそう言い捨てます。
 
若宮の机にある『酪農のススメ』の本を手に取り、「学生時代は野心家だったのにな」と赤羽が笑うと、若宮も「おぼっちゃまには負けたくなかったからな」と笑いをこぼしました。
 
そして、赤羽は、妻の汀子に相談する、と言いました。
 
赤羽は汀子に子どもができたときに、国試問題の件を打ち明けたのだと言いました。
 
ショックを受けてたけど、それでも、子供を産んで家族になろうって言ってくれた。一緒に 郡司とぶつかってみるよ
 
そう言っていた赤羽。
 
そうよ。だから、あの男に会った
 
今度は汀子が語ります。
 
郡司をこの船に呼び出して、恐喝を終わりにするという契約を結ぼうとしたが郡司は聞きませんでした。
 
ずるして医者になったんだから、一生、代償払わなきゃ。ねえ、奥さん?
 
そう言った郡司に、汀子は熱湯を浴びせかけました。
 
そして、「娘を偽医者の娘にしてもいいのか」と言って、赤羽に消火器で郡司を殴らせたのです。
 
郡司の死体は、船から海に沈めました。
 
・・・じゃあ、赤羽は誰が? 赤羽を殺したのは誰なんですか?
 
ふふっと笑う汀子。
 
それをあなたが知ることは、永遠にないわ
 
若宮が赤羽に処方した睡眠薬をさきほどのグラスに入れて若宮に飲ませた、と告白する汀子。
 
若宮の身体が、ぐらりと傾ぎます。
 
倒れた若宮の身体を引きずって甲板に出る汀子は、漁船で獅子雄が追ってきているのを見つけ、慌ててキャビンに引き返します。
 
獅子雄は漁船からクレオパトラ号に乗り移りました。
 
キャビンに入った獅子雄は、汀子に「なかなか興味深い告白だった」と言い、そして意識も朦朧としている若宮の耳元に囁きます。
 
あのな、赤羽先生は殺されたんじゃない、自ら飛び降りたんだ。
 
ねえ奥さん?
 
しかし汀子は最後の抵抗で、獅子雄の言葉を否定します。
 
知らないわよ、そんなこと。実際に叫び声を聞いた人がいるのよ
 
追われている人間がなぜ、屋上へ逃げる?
 
獅子雄が追い詰めます。
 
あれは一人芝居だ。
 
あんたと娘に保険金を残すためにな。
 
赤羽はカメラに映ることを意識して、誰かから逃げるように事件を装い、そして誰かによって屋上から落とされたようにして、落ちていったのでした。
 
赤羽の保険金は自殺以外で6, 000万円、ただし、事件に巻き込まれた場合は倍額の 1億2, 000万円が支払われる契約になっていた、と獅子雄は調べていました。
 
欲を出したあんたは、こいつを犯人に仕立て上げることにした。写真を破り、口説かれてると嘘をついて
 
汀子が否定すると、獅子雄は「バターとパセリが教えてくれた」と言いました。
 
赤羽の胃の中にはバターとパセリ「だけ」が残っていた、それはなぜか?
 
自殺する直前、赤羽は病院を抜け出し、駅前のファミレスへと向かったのでした。
 
最後に愛する妻と娘に一目会うために。
 
しかし赤羽は警察に言わないよう汀子に口止めをしていました。
 
死ぬ直前に家族に会ったことが分かれば、自殺が疑われるかもしれないからです。
 
さて、バターとパセリの話に戻ろう
 
光が残したパセリを、赤羽は汀子に見られないよう、自分が食べたのでした。
 
パンについてきたバターをパセリにつけて。
 
食事を残したら小学校に行けなくなる、といつも母親に言われていた娘を庇うために。
 
赤羽は父親としての最後の仕事をしたんだ
 
しかし汀子は今度も獅子雄に熱湯をかけようとします。
 
その熱湯を被ったのは若宮でした。
 
熱い!と叫んで飛び起きる若宮。
 
若宮は睡眠薬が入れられていることを感づいていて、飲んだふりをしていたのでした。
 
どうして止めなかったんだ! あいつ、あんたのことホントに信じてたのに!
 
人を殺した自分が医者としてやっていけるはずはない、と自首すると言い出した赤羽に、汀子はこう言ったのです。
 
だったら、死んで
 
医者を辞めてただの犯罪者になった赤羽に何の価値もないから、死ね、と言った、と。
 
赤羽を殺したのはあんただ!
 
汀子はそんな若宮をあざ笑います。
 
私は指一本触れてませんからね!
 
激昂する若宮の腕を引き留め、獅子雄は言い聞かせます。
 
赤羽は奥さんの言葉に従ったんじゃない。絶望したんだ
 
そして、自殺教唆罪、殺人死体遺棄の共犯関係が成立するだろう、と獅子雄は言いました。
 
岸には江藤が何台ものパトカーと刑事たちとともに待っていました。
 
いつから汀子を疑っていたのか、と聞く江藤に、喪服のクリーニングのタグが最近のものだったこと、アルバムの写真の切り口が左利きの人間の仕業だった、と獅子雄が解説します。
 
赤羽の遺体は右手のほうが筋肉が発達していたから、赤羽は右手だ、と。
 
そして、赤羽家のキッチンには左利き用のツールがそろっていたから汀子は左利きだ、と。
 
見てるところは俺と同じだな
 
調子のいい江藤。
 
若宮は結局、病院を去ります。
 
ゼロ1つ多いかあ~
 
自宅で賃貸情報を見ながらため息を吐く若宮。
 
そこへドアの開く音がします。
 
獅子雄でした。
 
物騒だな。鍵開いてるぞ
 
そう言いながら、段ボールを積み上げて運んでくる獅子雄。
 
何しに来たんだよ?
 
お前を救いに来たんだよ
 
はあ?
 
若宮ちゃん、一緒に暮らそう
 
キレた若宮が獅子雄の荷物の中から書類を掴み、窓からばらまくと、獅子雄は「盛り上がってきたな」と不敵に笑って、若宮の医学書をやはり窓から放り投げます。
 

10月7日。
友人を失った僕の前に現れたのは、正体不明の危なっかしい男だった。
果たしてこれを「出会い」と呼んでいいのだろうか?
万一に備えて、記録を取ることにする。
もし僕に何かあったときは、この資料の公開を許す。
彼の名前は誉獅子雄、僕は若宮潤一。

 

『シャーロック』【第1話】の感想および考察

さすがの松本まりかさんです。やはりただの貞淑な妻ではなかった(笑)。
 
ドラマ全編にいろいろドラマスタッフの悪戯というか仕掛けと言うかがちりばめられている第1話でした。
 
このドラマスタッフは、ディーン・フジオカさんを同じく主役とする『オンテ・クリスト伯』や『レ・ミゼラブル』といった、海外名作の邦ドラ化を制作したスタッフとも重なるので、それらのロケ地やテイストをしっかりオマージュさせた作りになっていました。
 
前季のフジ制作の『ルパンの娘』も、映画『翔んで埼玉』のスタッフが作り込んでいましたが、最近はこういうスタッフたちの楽しみが盛り込まれるのが流行りなのでしょうか。
 
関連記事もどうぞ!

 
シャーロック・ホームズ原作原典、あるいは大変真面目にパスティーシュしている小説などを愛する人たちからすれば、これがシャーロック・ホームズと冠される作品というのはちょっと抵抗もあるかもしれません。
 
しかし、某局の「パートナー」が主題かつタイトルになってもいるドラマシリーズがすでに18まで続いていることを考えるとお分かりかと思いますが、「バディもの」は刑事ドラマ、探偵ドラマ、などなどどういう色付けをしても好まれるものです。
 
この月9も、「バディもの」としてシャーロック・ホームズが味付けの調味料のひとつになっていると思えば、ディーン・フジオカ、岩田剛典、佐々木蔵之介といった人気俳優たちの活躍する様子を楽しく観ていけるのではないかとも思います。
 
それでも、ちゃんと原典へのオマージュということなのか、「パセリとバター」というキーワードが今回は使われていました。
 
これは「シャーロック・ホームズの帰還」に収録された「六つのナポレオン像」で言及された「アバネッティ家の恐ろしい事件」のことでしょう。
 
『ワトソン、君は覚えているだろう。アバネッティ家のあの恐ろしい事件が、僕の注意をひいたのは、暑い日にパセリがバターの中に沈んだ深さだったのだからね』
 
これ以上は語られていない事件、すなわち、「アントールド ストーリーズ」というわけです。(そして、「アバネッティ」→「アカバネ」???)
 
第1話では、獅子雄&若宮(シャーロック&ワトソン)よりもどちらかというと、江藤&獅子雄(レストレード&シャーロック)のほうが親密さが出ていたように思いましたが、何、病院を辞めたこれからがワトソンとシャーロックのコンビの息の合っていく様が楽しみというものです。
 
なにせ、第1話で「一緒に住もう」と獅子雄からの一足飛びのプロポーズ(違)ですからね。
 
ベーカーハイツ2-21」(これはもちろん、ロンドンもベーカー街221番をもじったもの!)というマンションで、これからの二人が、どんなバディへと変わっていくのかに注目しましょう。
 
『シャーロック』第1話導入部で、若宮が取り調べを抜け出して獅子雄に後を尾けられるシーンの若宮のモノローグの最後はこう締めくくられています。
 
残念ながら僕はずっと後者だった。あの日、彼を失うまでは
 
コナン・ドイル原作のシャーロック・ホームズ原典では『シャーロック・ホームズ最後の事件』が一番最後の話となっています。
 
その中で、ワトソンは最後に滝が落ちる岩場でシャーロックと別れ、それきりワトソンはシャーロックと会うことがなかったとなっています。
 
この言葉は、月9『シャーロック アントールドストーリーズ』の結末へと掛かってくるセリフなのだろうかと思いながら第1話を見ていました。
 
が、どうやら、第1話のストーリーでは、若宮の言う「」は赤羽のことを指していたように思えます。
 
でもでも、わかりませんよ? もしかしたら最終回へ向けての大事なセリフを掛けているのかも???
 
関連記事もどうぞ!
 


『シャーロック』【第1話】の視聴率は?

『シャーロック』【第1話】の視聴率は12.8%でした!

  • 第1話:12.8%


第2話はこちら!




『シャーロック』は原作小説も面白い!

『シャーロック』の原作小説『シャーロック・ホームズの事件簿』はU-NEXTで購読可能です!


シャーロック・ホームズの事件簿
シャーロック・ホームズの事件簿


電子書籍配信サービス『U-NEXT』の31日間無料登録でもらえる600Pを利用することで『シャーロック』の原作小説をほぼ無料で読むことができます。


詳しくはこちらをごらんください!


無料登録でもらえる600Pを使ってU-NEXTで『シャーロック』の原作小説を読む


『シャーロック』の見逃し配信はFODプレミアムで視聴可能!

『シャーロック』を見逃してしまった方は動画配信サービス『FODプレミアム』で視聴が可能です。

他にも漫画、映画などたくさんのコンテンツを取り揃えておりますので、これを機に利用を検討してみてはいかがでしょうか?

Amazonアカウント」を利用して、FODプレミアムに初めて登録すると、なんと見放題対象作品を1ヶ月間無料で楽しめます!登録はこちらから!
 

今すぐ1ヶ月間無料のFODプレミアムにお試し登録する


 

漫画やアニメ、ドラマや映画を快適に楽しみたいなら?

現在は様々な配信サービスがそれぞれの特色を売りにして、事業を展開しています。

こちらで主要な動画配信サービスの料金やサービス面を徹底比較していますので、ぜひ参考までにごらんください!