【ドラマ】『集団左遷!!』【第9話】のあらすじからネタバレストーリーや感想までまとめてみました!
 
銀行が統廃合を重ねていく現代。廃店とリストラを繰り返し、なんとか生き残ろうとするメガバンク三友銀行で、片岡洋(福永雅治)は廃店候補の蒲田店の支店長に任じられましたが、健闘するも蒲田支店は廃店に。

しかし、蒲田支店の行員たちは全員、片岡の下での活躍を評価されてリストラされることなく各支店へ異動。

「銀行員として生き残った!」と喝采を上げ、全員が笑顔で次の職場へと散りました。

そして片岡は本部融資部へ。「三友のため」を合言葉に策略を巡らせている本部の専務取締役・横山輝生(三上博史)には黒い秘密が。

片岡を取り巻く銀行の面々。果たして誰が味方で誰が敵か。全員、敵か。
 

 

『集団左遷!!』【第9話】のストーリー(ネタバレあり)

『集団左遷!!』【第9話】のストーリーを見ていきましょう!
今回はストーリーを

  • 元・蒲田支店の団結
  • 良心の行方
  • まさかの結果

の3部に分けてお話していきます。
ではどうぞ!
 


元・蒲田支店の団結

日本橋支店の元支店長・金村(川原和久)から受け取った裏金を授受していた幹部役員のリストの中にあったはずの横山(三上博史)の名前が、藤田頭取(市村正親)の手によって削除されていたという事実に、片岡(福山雅治)も、融資部常務の隅田(別所哲也)も愕然とします。
 
なぜ藤田は横山をかばったのか、という片岡の疑問に、隅田は、海外大手通販会社のダイバーサーチと三友銀行が資本提携をするため、横山が水面下で働いているためだろう、と言います。
 
大きな額の裏金もそのために使われているのだろう、と。
 
横山さんのこと、もっと探ってみます
 
片岡は決意します。
 
横山は日本橋支店の支店長鮫島(小手伸也)に連絡を取っていました。
 
鮫島さん、次回の分は用意できていますか
 
鮫島は支店長室の棚の中に、帯付きの大金を隠していました。
 
そこへ副支店長の真山(香川照之)がドアをノックします。
 
招き入れた真山が、ちらりと棚の中身を見てしまったかと思う鮫島。
 
一方、横山は自分の名前をリストから消した藤田に、慇懃に礼を言いつつも、ダイバーサーチとの提携によって、さらなるリストラを図る必要がある、と藤田に告げます。
 
君は一体、次は何をするつもりだ
 
私がするのではなく、頭取にしていただきたいことがあります
 
終業後、片岡は外で真山と会っていました。
 
藤田頭取と横山さんの間にはどのくらいの信用関係があるのでしょうか
 
片岡は、ダイバーサーチとの提携を図るため、横山は政治家に金を流したのではないかと言います。
 
ふたりは、不正を働いた横山を、さらに上の職位にある藤田が、ひいては会社が守った、ということに疑問がある、と話し合いました。
 
そして不正を働いているという証拠を探さなくてはならない、と片岡が言うと、真山は心当たりがあると言い出しました。
 
横山から電話でホテルに呼び出しを受けた鮫島は、棚の中に置いてあった札束を無造作に茶封筒にいくつか突っ込み、手帳になにやら書きつけます。
 
そして手帳も棚の中にしまうと鍵をかけて日本橋支店を出ていくのでした。
 
「お先に」と言って出ていく鮫島を見送ると、真山は片岡に電話して鮫島が退社したことを告げます。
 
後ほど伺います
 
片岡は日本橋支店に来るようです。
 
鮫島を呼び出した横山は、ホテルで人に会っていました。
 
元金融担当大臣の島津和幸(石丸謙二郎)でした。
 
支店統括部部長の梅原(尾美としのり)と鮫島も同席しています。
 
いろいろとありがとうございました、と礼を言う横山に、「持ちつ持たれつだろう? 我々は」と言う島津。
 
鮫島は無言で茶封筒を島津の秘書が座っている机へ滑らせ、それを横目で確認した島津と横山はにやりと笑みを浮かべるのでした。
 
梅原は茶封筒の受け渡しにぎょっとしますが無言です。
 
終業後の日本橋支店には、やはり片岡が来ていました。
 
真山と片岡は、管理室から支店長室の棚のカギを借りて、棚を開けてみようとしています。
 
しかし管理室から正規のカギを借りてきたのに、棚のカギは開きません。
 
まさか、鮫島さん、鍵を付け替えたのでは?
 
片岡は支店長室の中を、真山は店内を探してみることにします。
 
が、そこへ鮫島が戻ってきてしまいました。
 
「急な融資のご相談があるのですが」と鮫島を店内に引き留めようとする真山ですが、鮫島は「忙しいので、明日にしてください」と真山を振り切ります。
 
真山は慌てて、支店長室にいる片岡に電話で鮫島の帰社を知らせます。
 
なんとか逃げ出した片岡ですが、支店長室の扉がわずかに開いていたことから、鮫島は真山が支店長室を探りに入ったと感づきます。
 
そして防犯カメラを確認し、片岡と真山が支店長室に忍び込んだことも突き止めました。
 
翌日、真山が稟議書をもらいにきた、と言って支店長室を訪ねると、鮫島はわざわざ問題の棚を開けてみせ、「ここには何も入っていません」と棚を開け放して空っぽであることを見せつけます。
 
そして、「ついでですから」と、ダイバーサーチと三友銀行提携の記者会見の様子をPCで真山に見せるのでした。
 
記者会見でダイバーサーチジャパンCEOの清水と固く握手をする藤田。
 
フラッシュがたかれる中、藤田から発表があります。
 
「この資本提携にあたって、当行はより強固な運営体制を構築することが急務と考えています。つきましては、三友銀行はデジタル化とAI導入をさらに加速させる方針でございます。それに伴い、今後2年間で27店の統廃合と、9500人の人員削減を行うことをこの場をお借りして発表させていただきます」
 
融資部でも部署でこの会見を見ていました。
 
行員はみな、固唾をのんでいます。
 
記者会見の会場にいた横山はにやりと笑って会見場から出ていきました。
 
日本橋支店の支店長室で鮫島は真山に聞かせるように呟きます。
 
これから、横山さんの大掃除が始まります
 
融資部の部屋で記者会見を見ていた片岡は、突然飛び出していきました。
 
本部の地下駐車場で横山を待ち受けていた片岡は、車から降りてきた横山を捕まえて「横山さんの計画は三友にとって本当に正しいことなんでしょうか」と言います。
 
大義のためなら、何をしても許されるのでしょうか。
 
たとえ三友が生き残るためだとしても、不正を働いた人間は人の上に立つべきではないと私は思います。
 
そう言い張る片岡に、横山は「それもひとつの考え方です」と言います。
 
あなたは人の上に立つべき人間じゃない!
 
真っ向から言う片岡ですが、横山も負けません。
 
私は、あなたに判断される人間じゃない
 
いいえ! 私たち行員はあなたを選ぶ権利があります。私はあなたの不正の証拠を必ず見つけ出します
 
幹部役員会議で、隅田は「提携の裏にあんな人員削減計画があるなんて役員は誰も聞いていない」と藤田に噛みつきます。
 
しかし藤田に代わって横山が「人員削減はダイバーサーチの要請である」と答えます。
 
行員はそれでは納得しない、と反論する隅田に、横山は「では、業界3位の三友が、ほかにどうやって生き残るのかこの場で提案してみろ」と言います。
 
銀行が生き残っていくには、「脱・銀行」しか手はないのだ、と。
 
横山は激しく会議室全体に投げかけます。
 
誰も何も言わない会議室。
 
すべての責任は私が採りますから、今は協力していただけませんか」と藤田が隅田ほか役員たちを黙らせました。
 
居酒屋では元・蒲田支店のメンバーが続々と集まっていました。
 
記者会見で発表したリストラ計画の裏にも横山が関わっていたこと、そして、横山はほかに融資金の着服にも関わっていたことなどが話に出ます。
 
片岡と真山の口からは、融資金の着服リストから、藤田の手によって横山の名前が消されていたことまで話されます。
 
だが、証拠がない。
 
片岡が口も重くそういうと、滝川が、自分たちもその証拠を探そう、と言い出します。
 
「これまで、リストラも廃店も、三友のため、と言われれば仕方がないと思ってきた。自分たちは銀行員としてお客様のため、と思って仕事をしてきた。けれど不正を働いた上司に人生を託したくはない」
 
そう滝川は言います。
 
三友を正しい場所にしよう。
 
その場にいたみんなが頷きました。
 
帰り道、片岡は真山に同期の梅原が横山の下で働いているから、探りを入れてみようと思う、と言います。
 
それはあまりにも横山に近すぎないか、と真山が心配しますが、片岡は「梅ちゃんは、大丈夫です」と言いました。
 


良心の行方

会議室で会議の準備をする梅原に電話がかかってきます。
 
片岡の名前が表示されているスマホの画面を見て躊躇していると、鮫島から声を掛けられます。
 
まだ片岡と連絡を取っているのですか
 
そう言われて、スマホの画面を見られないように、そっと着信を拒否する梅原。
 
いえ。自分の立場はわきまえています」と梅原が答えると、鮫島は手帳を1冊取り出して梅原に預けました。
 
あなたが保管してください。万が一情報が漏れたということがあれば、犯人はあなたということになります
 
梅原の脳裏に、窓際へ追いやられた宿利の姿が思い浮かびます。
 
そして、屋上で片岡と会う梅原は、会うなり片岡に掴みかかり、「日本橋には首を突っ込むなと言っただろう!」と怒りをぶつけます。
 
横山さんにつぶされるぞ!
 
ってことは、やっぱり梅ちゃんは何か知ってるってことだよね
 
三友を信頼してくださっているお客様のためにも、
 
がんばって働いている行員たちのためにも、
 
俺たちの世代が止めないでどうするんだよ!?
 
いつもの片岡節に、梅原は顔を背けて言います。
 
出向したことも無い人間にはわからないよ
 
そして、横山がもうすぐ副頭取に駆け上がろうとしていることを告げるのでした。
 
片岡は、梅原にそれでいいのか、と訊ねます。
 
あの人に逆らったら、君も宿利さんの二の舞になるぞ
 
そんな言葉を残して、梅原は片岡に背を向けたのでした。
 
幹部役員会議で、次回の会議では横山の副頭取昇格の承認決議を取る、と訊かされた隅田は、廊下で横山が「清水先生」と呼びかける電話の声を偶然聞きます。
 
片岡は先ほど梅原に言われたことが気になり、宿利(酒向芳)が今いる部署へと足を運びました。
 
そこでは誰も仕事をしていません。
 
ただ、何もない机が与えられているだけです。
 
宿利の机に近づいた片岡を見て、宿利は「来るな、疫病神!」と叫んで部署を飛び出します。
 
しかし廊下まで追いかけて宿利を捕まえた片岡は、横山がダイバーサーチとの提携の裏で政治家に渡した金の流れを探っている、と宿利に話します。
 
宿利さんも、知っていますよね?
 
そんな片岡に宿利は「まだあの人に喧嘩を売るつもりか」と怯えます。
 
僕はただ、自分の会社がこれでいいのか、って思ってるだけです。だから宿利さん、お願いします
 
片岡は深く頭を下げました。
 
・・・あの人に、そんな金があるとしたら、たぶん、顧問料だ
 
片岡は早速、隅田に宿利から聞いたことを話し、隅田は横山が務めている外部顧問の顧問料を調べた結果を片岡に教えます。
 
会社が認めた顧問料なので、それを受け取ること自体は問題はない、と。
 
しかし、その顧問料の使われ方に問題があるかもしれない、とふたりはこれを調べる価値があると考えました。
 
片岡は、隅田からもたらされた横山の外部顧問先の担当支店となっている支店に勤務する元蒲田支店のメンバーに連絡をとります。
 
自分も自分のデスクで調べていると、部下の新堂(馬場徹)がそっと「部長が見てますよ」とささやいてくれました。
 
部長の栖原(伊藤正之)が部屋の外に出たのを見て安心して、新堂が「横山専務が顧問をしている会社を調べているんですか」と片岡のPCをのぞき込んで言います。
 
その会話を、融資部の女性行員が聞いていて、そそくさと部屋の外に出た部長へ知らせに行くのでした。
 
それを聞いた部長は、横山へ知らせに走りました。
 
役員専用フロアの廊下では、リストラされた監査担当専務が横山に殴りかかろうとしていました。
 
プライドばかり高くて仕事のできない人間はリストラの筆頭だ、と横山が言い放ちます。
 
殴りたければどうぞ。そんな度胸があったらリストラにはなってなかったんですよ
 
横山はなおも煽るかのように言います。
 
武内に背を向けて立ち去る後ろからついていく梅原に、専務がすれ違いざま、ぽそっと言います。
 
梅原、おまえもあいつには気を付けるんだな
 
カラオケルームで集まっている元蒲田支店メンバー。
 
やってきた片岡に、それぞれが、自分の今いる支店で担当⒮いている横山の外部顧問先から横山に支払われた顧問料を報告します。
 
70万、50万、80万。
 
まるで横山さんの資金牧場ですよ
 
そこへ、出向になった花沢(高橋和也)や横溝(迫田孝也)までもがやってきます。
 
今は私たちも銀行から補助が出ていますけど、このままリストラが進んだらそれさえもなくなる可能性がありますから、何かお手伝いできないかと
 
横溝がそう言いました。
 
片岡は、梅原の「出向したことも無い人間にはわからない」という言葉を思い出します。
 
片岡の自宅。
 
妻のかおり(八木亜希子)がタブレットでダイバーサーチのサイトをいじりながら片岡に話しかけます。
 
三友もどんどん便利になっていくわねえ
 
その分、人がどんどん要らなくなってるけどね
 
要らないって言われたら、どうする?
 
厳しい言葉とは裏腹にかおりは茶目っ気たっぷりに夫に訊きます。
 
要らないって言われたら・・・しょうがないな
 
自分の後進には何かのこしてやりたい、という夫に、かおりはただだまって微笑みます。
 
翌日、隅田の部屋へ行った片岡は、元蒲田支店メンバーが調べてくれた成果を報告します。
 
顧問料だけで月420万ですか
 
過去にさかのぼって計算すると、横山の手に渡った顧問料は2億500万だと言います。
 
そこへ横山当人がやってきました。
 
片岡の手にある顧問料の書類をひったくって、「私に何か問題でもありましたか? むしろ、勝手に人の懐を探っている方がよっぽど問題では?」と横山は詰ります。
 
そして、「私だって、リストラなんてしたくはない。もとは仲間なんだから」と情けのあるようなことを言い始め、自分に関する調査をすぐにやめるように、と言いました。
 
片岡が反論しようとすると、横山は「あなたのせいで真山さんたちが処分されてもいいんですか」と大声で片岡の言葉を封じます。
 
隅田の部屋から出た横山は、後ろをついてくる梅原に「調査に関わったものを調べて、私に報告してください」と命じます。
 
・・・調べてどうされるんですか?
 
もちろん、全員処分します
 
顔をこわばらせる梅原。
 
梅原は鮫島から預かった手帳を、トイレの個室で見ながら、屋上で片岡に言われた言葉を思い返し苦い表情で何ごとかを考えます。
 
トイレから出た梅原は、廊下を走り去っていく片岡の後姿を見つめるのでした。
 
そして、何か決意します。
 
こっそり片岡の後を追う梅原。
 
カラオケ店に入る片岡を見つけます。
 
カラオケルームで片岡は、元蒲田支店メンバーたちに、横山に調査していることがバレたと報告します。
 
そして処分されかねないから、みんなはもう調査をやめるようにと言います。
 
しかし滝川は「じゃあ、処分される前に証拠を掴めば!」と猛ります。
 
「だめだ。ここからは俺と真山さんの仕事だ。みんな、本当にありがとう」
 
その言葉を梅原はドアの前で聞いていました。
 
そこへ真山がやってきます。
 
真山から「片岡さんは、『梅ちゃんは大丈夫』って言っていました」と聞かされ、梅原は真山に手帳を渡します。
 
「片岡くんに、おまえは馬鹿だ、と伝えてください。それと、梅ちゃんはもっと馬鹿だ、と伝えてください」と言って。
 
手帳の中を見た真山は、それが横山の顧問料の動きを意味するものだとすぐにわかったようでした。
 
片岡たちがいる部屋に入った真山は、片岡に手帳を渡し、梅原から預かった、と伝えます。
片岡は部屋を飛び出し梅原を探します。
 
そして踏切の向こうにいる梅原に声を掛けました。
 
手帳をかざして振る片岡に、梅原はにっこりと笑って見せました。
 


まさかの結果

梅原から託された手帳を持って、隅田とともに役員会議室へ入る片岡。
 
まさにこれから横山の副頭取承認の決議が始まる直前でした。
 
社外取締役たちを部屋の外に待たせて、片岡はこの手帳の記載が横山から元金融担当大臣の清水和幸への裏金の証拠だと話します。
 
つまり、金融庁に働きかける力のある清水に、ダイバーサーチとの提携を取り付けるために賄賂を渡していたのだ、と。
 
ざわつき始める会議室。
 
「頭取、横山さんのスケジュールを突き合わせれば、これが動かぬ証拠だとわかります」と藤田に詰め寄る隅田。
 
片岡も、横山のリストラ計画は、三友のためと言いながら実は自分の野心のために行われているのでは、と糾弾します。
 
ふふっと鼻で笑った横山が反撃に出ました。
 
片岡さんは、何か思い違いをしているようですね。世の中の流れを見てください。銀行や銀行員を介さずに金銭の取引ができる時代です。消費者にとって、昔のままでいる銀行は価値がないんです。私がリストラや資本提携の手を打たなければ、いまごろ三友はもっと悲惨なことになっていたはずです
 
片岡の怒りが爆発します。
 
その改革を、不正を行ってまで推し進めようとしていることに、私は承服しかねるんです! 不正の上に成り立つ会社に、不正によって築かれていく三友の未来に、私は生きていたくはありません。そんな未来を、次の世代の行員たちに生きてほしくはないんです!
 
そんな片岡に、藤田が落ち着いた声で「会議を始めたいので一旦席を外してくれないか」と言います。
 
みなさん、ご自分の良心に問いかけてください。横山専務が上に立つ人としてふさわしいか、その横山専務の方針に従えるのかどうか。選ぶ権利は、我々にあるんです
 
隅田が会議室の役員たちに問いかけました。
 
待たせていた社外取締役たちを中に入れてすぐに始まった決議で、横山の副頭取昇格に挙手を求める藤田の声が響きます。
 
ネクタイを外し、すがすがしい顔で空を見つめる梅原。
 
そのころ、屋上で梅原は鮫島からの電話を無視し続けていました。
 
そして、決議の後、片岡に横山から電話がかかってきます。
 
横山の部屋に呼ばれた片岡に、横山はこう告げます。
 
片岡さん、おかげさまで副頭取になることができましたので、あなたにだけは先にご報告しておきます
 


『集団左遷!!』【第9話】の感想および考察

梅ちゃん、カッコイイです。そして、黒革の手帳(笑)を梅ちゃんが真山に預けたとき、思わず心の中で「梅ちゃん!」と叫んでしまいました。
 
今心配なのは、あのあと、屋上から飛び降りたりしていないだろうか、ということです。どうか辞表程度で済ませてください、お願いです。
 
それにしても片岡って、「仕事」してるのでしょうか。ああやって探偵さながらの働きをしているばかりであれば、リストラされてもやむを得ない気がして心配です。同様に、元・蒲田メンバーも。はっきり言って、銀行員の日常業務、こんな余計なことしてる余裕ないと思うのですが。
 
「要らないって言われたらどうする?」ってにこやかに訊く奥さん。それに対して「要らないって言われたら仕方ない」と答える夫も夫ですが、さらにその夫の答えににっこり笑って済ませる奥さん、どこまでキャパが大きいのでしょうか。
 
横山のまっくろくろすけな闇の勢力がはびこるストーリーの中、本当になごませてくれました。もう最後まで出てこないんじゃないかと思ってたのでめちゃくちゃうれしかったです。
 
横山の法外な顧問料、これが私腹を肥やしているっていうなら、単純な悪なのですが、それを議員などへ裏工作のために使っているという。いったい横山の「正義」は何なんでしょうか。
 
片岡の正義はわかります。真っ白クリーンな正義です。一所懸命働く銀行員たちはどうなるのか、これが本当に銀行のためなのか、そう問いかける片岡の正義は、いわば純真な子どものもの。横山の正義は「大人の事情」といったところでしょうか。
 
次回の予告を見ていると、片岡まだまだ打倒横山作戦に突っ走っているようですが、これで三友銀行自体が潰れたら、多くの行員が職を失うことにもなるんですよね。片岡の「正義」のせいで。一体正義ってどこにあるんでしょう???
 
横山、ここまで完全な悪役なんですから、最後の最後、「ただの悪役」では終わってほしくないですね。
 
テレビCMで「最終回目前!」なんて煽り文句が付き始めて、CM見るたびにどきどきします。
 


『集団左遷!!』【第9話】の視聴率は?

『集団左遷!!』【第9話】の視聴率は10.1%でした!
 

  • 第1話:13.8%
  • 第2話:8.9%
  • 第3話:10.1%
  • 第4話:9.2%
  • 第5話:9.0%
  • 第6話:7.8%
  • 第7話:9.4%
  • 第8話:11.9%
  • 第9話:10.1%
   

「集団左遷!!」は原作本(小説)も面白い!

集団左遷!!」原作本も販売中です!   詳しくはこちらをごらんください!  
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

集団左遷 (講談社文庫) [ 江波戸 哲夫 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2019/5/1時点)


 

漫画やアニメ、ドラマや映画を快適に楽しみたいなら?

現在は様々な配信サービスがそれぞれの特色を売りにして、事業を展開しています。

こちらで主要な動画配信サービスの料金やサービス面を徹底比較していますので、ぜひ参考までにごらんください!