【ドラマ】『緊急取調室3』【第8話】のあらすじからネタバレストーリーや感想までまとめてみました!
 
磐城刑事部長の命で、初動捜査から参戦したキントリの面々。

「現場百遍」は基本ですが、もしかしたら異動後の実地訓練かも知れません。

取調べの方は、つつがなく進みましたが「考えすぎ」な点もあって“山あり谷あり”で進んで行きます!
 

 


 

『緊急取調室3』【第8話】のストーリー(ネタバレあり)

『緊急取調室3』【第8話】のストーリーを見ていきましょう!
今回はストーリーを

  • キントリメンバー、現場へ!
  • 犯人と思われた人事部・梅田
  • 木崎の行きつけのバーにて…
  • SNSで懲戒解雇!?
  • 退職金より“仲間”意識

の5部に分けてお話していきます。
ではどうぞ!
 

キントリメンバー、現場へ!

ネット広告会社「アシッドプラスエージェンシー」の社長・宇佐美友香(霧島れいか)が、昼休み中に社長室で殺されていました。
 
白昼堂々の犯行でしたが、被疑者の手がかりもない状況です。
 
宇佐美の死体から見て、死因は鈍器による頭部への強打と紐状のモノでの絞殺でした。
 
凶器と思われるPCと宇佐美社長のIDは、ともに現場から消えています。
 
そこで「応援」という形で緊急事案対応取調班(通称:キントリ。以下同)にも、磐城刑事部長(大倉孝二)から出動要請が発せられたのでした。
 
はじめは出動を渋っていたキントリのメンバーたちでしたが、「“聞き込みのプロ”として現場の刑事の見本に!」と言う、真壁有希子(天海祐希)の意見に賛同して、勇んで出張って行ったのでした。
 
真壁としては、ここで点数を稼いでキントリ再編の際に小石川(小日向文世)と菱本(でんでん)を飛ばす案を再考させたいという気持ちが強くあったのでしょう。
 
現場はビジネスビルの2フロアを借り切っていて、セキュリティは確かなようです。
 
「きょうは、おめぇらがパシリだ!」と捜査一課の監物刑事(鈴木浩介)は息巻いていましたが、現実には従業員の聴取に手間取っている様子。相方の渡辺刑事(速水もこみち。2人揃って「モツナベコンビ」)は「助かります」とキントリの指示に従っていました。
 



 

犯人と思われた人事部・梅田

従業員への聞き込みから、営業部の橋下(入江甚儀)が殺害の前日に宇佐美から叱責を受けていた事が分かりました。
 
CM撮影に付いていたのですが、そこに宇佐美が現れて「表に“出待ち”がいたけど、情報漏れさせているんじゃないわよ」とかなり強く言ったあとに「あなたは担当を外れてちょうだい」と言い捨てたのでした。
 
怒られはしましたけど、そんな事で殺しはしませんよ!」と弁明して、犯行時刻の昼休みにはアーカイブ室で「室長の木崎さんと弁当を食べていましたよ」とも。
 
アーカイブ室に真壁と小石川が訪ねると、お互いにバブル期を共有した懐かしさから、
 
「ハワイへ直帰」
 
というキャンペーンポスターに2人は魅入っていました。
 
そのキャッチコピー、僕が作ったんですよ
 
と言いながら現れた木崎(橋本じゅん)は、犯行当日の昼休みは確かに橋下と昼食を食べていたと証言しました。
 
ところが、ゴミ箱には3人分の空弁当の容器が…。
 
その頃、玉垣(塚地武雄)はエレベーターの監視カメラで不審な人物を見つけます。
 
その男は紙袋を持ち、顔を隠すようにエレベーターに乗り込んで1階から出ていきます。
 
そして、10分後に手ぶらで戻ってきました。
 
カメラに映っていたのは人事部の梅田(三宅弘城)でした。
 
警視庁で取調べると、
 
パソコンは社長の人事情報が知りたくて持ち出しただけ
 
子会社に欠員がでて人事異動が気になって
 
と見え透いた嘘を並べます。
 
その日の昼食は、「備品室でひとりで食べた」とも言っていました。
 
この時点では、人事部・梅田、営業部・橋下、アーカイブ室・木崎の3人の共犯説が濃厚です。
 
しかし、この3人を結びつける共通項は見つかりません。
 
そのため、橋下と木崎を引っ張ってきて無理矢理に取り調べるのは言語道断です。
 
ただでさえ、取調べの可視化が近づく時期ですから。
 
というわけで、キントリの梶山管理官の作戦で重要参考人の梅田を釈放して「泳がせる」事にしたのでした。
 



 

木崎の行きつけのバーにて…

梅田の尾行はモツナベにまかせて、小石川は木崎との接触を図ります。
 
彼の行きつけのバーで網を張っていたのです。
 
そこでは、過去の木崎の作品や時代背景などを肴に話は静かに盛り上がっていきました。
 
そうした話の中で“梅田”“橋下”というワードが出てきた時に、木崎が顔色を変えたのを小石川は見逃しません。
 
そのバーは本当に木崎が“やすらぎの場”としているらしいです。
 
バーテンダーから、プレゼントを贈られていたほどですから。
 
小石川が聞くと「誕生日のプレゼントなんですよ」との事。
 
年齢をさらに聞くと、「ちょうど還暦です。でも、嘱託で仕事は続けますから明日も出社です」と、笑っていました。
 
この会話が、小石川にヒントを与えたみたいですね。
 



 

SNSで懲戒解雇!?

梅田を泳がせたものの、モツナベからは期待していた報告はありませんでした。
 
カフェで2時間粘った挙句に、そのまま帰宅したとか…。
 
それだけではなく、逆に梅田はみずから出頭してきて「あの日の昼休みには極秘の電話をしていた」と言い出したのです。
 
相手は大学時代の友人・石井で「転職についての相談」が内容だったと言っています。
 
確認すると、電話は本当にかけられており石井も内容を覚えていたのでした。
 
人事のキャリアアップをしたいので、転職したい」との事だったそうです。
 
加えて梅田は「取調べは圧迫面接であり、女性捜査員が行った」旨の内容の文章をSNSへアップしたのです。
 
「女性捜査員って、それ私の事~?」と驚く真壁でしたが、この出来事がまたひとつ捜査を進展させたのです。
 
要はこうして「SNSで日常の不満を解消していたのではないか?」と気づいたのです。
 
真壁は玉垣に「3人が書いたと思われる文章を洗い出して!」と命じました。
 
そこで分かったのは、木崎のブログで親会社CMの中傷記事が書かれていた事でした。
 
“役者の演技がなっていない”
 
“コピーの日本語がおかしい”
 
等々です。
 
これらの内容が宇佐美社長の逆鱗に触れて、定年退職の前日に懲戒解雇を言い渡されたのでした。
 
木崎に対して宇佐美は「時代についてこれないくせに」とか「いつまでも昔のポスタ―を部屋に貼っているんじゃないわよ」「あなたには高い給料を払っているのよ」と言いたい放題です。
 
これでカっとなった木崎はPCで頭部を殴り、IDカードで首を絞めて殺害したというわけです。
 
宇佐美殺害犯は木崎の犯行でした!
 
昼食を摂っていた時から様子がおかしかった木崎を心配して社長室を見に行ってみたところ、あの惨状が目に入ります。
 
木崎はすぐに救急車を呼んでから警察に自首しようとしましたが、それを止めたのが梅田だったのです。
 
なぜかと言うと、その日が定年退職の前日だったから。
 
定年までは梅田が犯人のふりをして時間を稼いで、退職金を木崎に受け取らせてあげたかったからでした。
 



 

退職金より“仲間”意識

梅田が木崎を見逃したのは、ほとぼりが冷めた頃に橋下と共謀して木崎の退職金を強請ろうとしていたからだと、キントリは考えていました。
 
だから指紋がべったりと付着したIDカードを“切り札”として持っているとも思っていたのです。
 
それを聞いた木崎は自供します。
 
友情を裏切られたと思ったのでしょうね。
 
翌日に木崎が自供して退職金恐喝の件を、梅田と橋下にはなすと、彼らは揃って「冗談じゃないっ!!」と激高しました。
 
そして、
 
木崎さんには愚痴を聞いてもらったり、いろいろと精神面でお世話になった。それで退職金くらいは受け取れるようにしたかっただけだ
 
みんな窓際に追いやられても耐えているんだ。家へは残業するふりをして時間を潰して帰ったり
 
あんな実績があるのに、10年も窓際に置いて。俺だったら辞めてるよ
 
と、2人はあくまで「木崎さんの退職金狙いじゃない!」事を主張します。
 
どうやら、これは本当のようでキントリの「読み違い」だったですね。
 
その2人の供述を知り、安心した木崎…。
 
「時代を創ってきた自分が、自分を追い出す」という小石川の言葉が胸に染みた回でしたね。
 


『緊急取調室3』【第8話】の感想および考察

そんな時代もありました

ついに第1話の浅野温子にはじまったゲスト女優陣の共艶・快演が先週の大久保佳代子で途絶えてしまいました。
 
それがそれで悲しいのですが、今話の「男の友情話」は結構よかったですよね。
 
なかなか女性や最近の若い衆には伝わりにくい事件かも知れないですけど(だから真壁はミスリードしたのだと思われる)。
 
それと、オジサン世代の胸には“キュンキュン”来たと推測される「ハワイへ直帰」のコピー。
 
ハワイは搭乗時間が長くて無理なんですけど、金曜深夜便でグアムへ。
 
そんで月曜朝には成田、というのが実際にありましたから。
 
そういった郷愁を木崎を通して描いたのではないですかね。
 
絡めたのは当然、小石川の言葉(本文ラスト参照)でした。
 
さて、こういった「老兵は消えるのみ」の雰囲気を伏線に、本当にキントリ再編成はあるのでしょうか?
 
来週も視なければいけませんね。
 


『緊急取調室3』【第8話】の視聴率は?

『緊急取調室3』【第8話】の視聴率は12.8%でした!
 

  • 第1話:15.2%
  • 第2話:13.4%
  • 第3話:12.3%
  • 第4話:12.6%
  • 第5話:13.7%
  • 第6話:12.3%
  • 第7話:12.9%
  • 第8話:12.8%

 
 

「緊急取調室」は本(書籍)も面白い!

「緊急取調室」書籍版もU-NEXTで購読可能です!     電子書籍配信サービス「U-NEXT」の31日間無料登録でもらえる600Pを利用することで「緊急取調室」書籍版を無料で読むことができます。   詳しくはこちらをごらんください!  
無料登録でもらえる600Pを使ってU-NEXTで「緊急取調室」書籍版を読む
 

漫画やアニメ、ドラマや映画を快適に楽しみたいなら?

現在は様々な配信サービスがそれぞれの特色を売りにして、事業を展開しています。

こちらで主要な動画配信サービスの料金やサービス面を徹底比較していますので、ぜひ参考までにごらんください!