【ドラマ】『わたし、定時で帰ります。』【第8話】のあらすじからネタバレストーリーや感想までまとめてみました!
 

 
星印工場のスタートに伴って、正式にチーフになった八重に幾つものピンチが降りかかります。

仕事のピンチは、受注段階から分かっていましたが義母の病気と双子の世話も重なった八重は“ひとつの選択”を迫られたのでした!
 

 

『わたし、定時で帰ります。』【第8話】のストーリー(ネタバレあり)

『わたし、定時で帰ります。』【第8話】のストーリーを見ていきましょう!
今回はストーリーを

  • 福永の企み-赤字必至の受注の意図は?-
  • 八重の家庭のピンチ!
  • 「働く」意義の違い!?
  • 結衣の泥酔、八重の決断
  • 別室にて-エピローグに代えて-

の5部に分けてお話していきます。
ではどうぞ!
 


福永の企み-赤字必至の受注の意図は?-

「ネットヒーローズ」制作4部の福永部長(ユースケ・サンタマリア)は、朝から部員全員に向けて「星印工場の案件が社内審査を通りました。これからは総力戦でやっていこうと思います」と誰にともなく宣言して、チーフに賤ケ岳八重(内田有紀)を指名しました。
 
結衣は、「旦那さんの育休明けで、双子ちゃんの送迎もあるのに」と心配そうです。
 
納期もきついし、この予算では人員はそのまま。結局、社員に負担がくるのは目に見えてる」と三谷(シシド・カフカ)も、別の次元で心配しているのでした。
 
3500万円を超えるために、厳しい社内審査を通らないと着手できない「星印工場」の案件。
 
それが審査をパスをしたという事は、それだけ制作4部の人員に負担がくるという意味なのでした。
 
納得のいかない結衣(吉高由里子)は、管理部の石黒(木下隆行)を屋上でつかまえて理由を問いただしました。
 
役員から横やりが入って通ってしまったんだよ。あの眼鏡の丸杉常務や」と言っていました。
 
加えて「でも赤字はダメだぞ、赤字は! こういう案件は種田(向井 理)にやらせとけば何とかなるだろ」と、それだけです。
 
丸杉常務は先週の回で福永と会食していた、「いかにも腹黒そうな」人物です。
 
星印の担当・牛松を福永と一緒になって取り込もうとしているみたいですね。
 
結衣は牛松の情報収集を種田の弟・「愁(桜田 通)」に頼み、ネットヒーローズのメインバンクの頭取の息子だという事実を突きとめます。
 
どうやら、この辺の事情が社内審査を強引に通した“裏”みたいですよね。
 
その企みが具体的に何なのかは、まだ見えてはきません。
 
ただ福永には丸杉常務を巻き込んででも、やりたい事があるようですね。
 
それが結衣たちにとって、理不尽でマイナスにならなければいいのですが。
 
そうして心配する結衣と三谷をよそに、「決まってしまったんだから、やるしかないよ。私は大丈夫だから」と八重は平常心を装っていました。
 
しかし、彼女にこれ以上の困難が訪れようとは…。
 


八重の家庭のピンチ!

星印のチーフに決まった八重に、夫・陽介(坪倉由幸)から「おふくろが倒れた…」と連絡が入ります。
 
陽介の実家は熊本。八重は仕事があるのですが、双子の世話をお願いしてひとりで帰る事に。
 
賤ケ岳・母は脳梗塞だと分かり、陽介はトンボ帰りするわけにはいかなくなりました。
 
そればかりか電話で八重に「ちゃんと面と向かって言わなきゃいけない事なんだけど」と前置きしたうえで、“しばらくは帰らないで母親の世話をしようかと思う”旨を打ち明けました。
 
詳しくは説明されませんでしたが、脳梗塞の場合は半身麻痺や言語障害等の後遺症が残る場合が多いんですよね。
 
東京に出たまま普段は放っといている事が、陽介の心の負担になっていたのかも知れません。
 
辛い決断だったと思いますよ。
 
八重の方も、星印のチーフになったのはいいものの、相手側の担当者・牛松が相変わらずの煮え切らない態度でした。
 
納期を早められないか?」と、いきなり通告してきて理由を聞くと「上司が…上司が…」の一点張りです。
 
ならば、その上司の営業部長に会わせてくれ」と願い出ても、“忙しい”“急遽、別の予定が入った”となかなか話を詰められないので、進行がストップしてしまう事もしばしばです。
 
思い込んだ八重は、結衣にだけ「こんな想いをしてまで会社にいる意味があるのかなぁ、と考えてる」と本音を漏らしていました。
 
あんなに産休からの復帰に積極的で、仕事もバリバリこなしていた八重の言葉だけに、結衣には重く感じるのでした。
 


「働く」意義の違い!?

結衣には婚約者の諏訪 巧(中丸雄一)の母・治子(清水よし子)から頻繁にメールが来るような間柄になっていました。
 
ある晩などは、巧の部屋で一緒に夕飯を食べる約束をしていたのですが、急遽帰宅が遅くなると連絡が。
 
2人で夕食を摂っていると「結衣ちゃんは、いつまで働くの?」と、結婚したら会社を辞めて家に入るのが当然のように言われてしまいます。
 
結衣は「結婚しても働く」という事を治子に話して、その場は納まりをつけました。
 
その事を巧に話すと「母さんは働いた経験がないからなぁ。必要がなかったし」と言いました。
 
そして、「例えば何億円かが手に入ったとして、このまま仕事を続ける? 俺は働かないよ、結衣ちゃんは?」と真顔で聞いてきました。
 
結衣は「う~ん、働く、かなぁ。今の職場は働きやすいから辞めたくないし。仕事って、そういうものじゃないと思うし…
 
「そうなんだ」(巧)で話しは終わりましたが。
 
この会話の前にも巧は豪華な式場で結婚式を挙げたいと言い、結衣は“質素なのがいい”と意見の食い違いがありました。
 
ここで、「働く事の意味」の違いや、式場の事など2人にちょっとしたズレが見え始めたのをみせておいたわけです。
 
嫌な展開の伏線になっていなければ良いのですが、今後が気になります!
 


結衣の泥酔、八重の決断

相変わらず進展の見せない星印の案件に動きがありました。
 
クライアントの営業部長(牛松の上司)が、来週の日曜のゴルフに同席できると福永が休みの日に電話をしてきたのです。
 
「じっくりと話せるチャンスだから是非!」と福永は一方的に八重が出てくるものと思っているのでした。
 
調整してみます
 
と八重は即答を避けましたが、(話は戻りますが)「そこまで会社のためにやる必要ってあるのかな?」と思ったのでした。
 
それでなくても、休日は家庭でやらなければならない事が山積しています。
 
それに賤ケ岳家は、重大な問題に直面しているのです。
 
その休日に土足で入り込むように電話をしてきて、その内容が“休日返上”のゴルフの出欠についてとは。
 
福永部長については、空気を読めないどころか人間として「?」ですよ。
 
一方、結衣の方のプライベートでも動きが…。
 
巧はネットヒーローズに入る前に、結衣が過労で倒れたのを知らなかったのが悔しいみたいでした。
 
些細な言い争いから「結衣ちゃんが仕事を辞めないって言ったのは、種田さんと一緒に働きたいからだろ!」と、どうしょうもない事を言ってしまいます。
 
着の身着のままで部屋を出た由衣は、上海飯店でしたたかに酔ってテーブルに突っ伏しています。
 
そこに偶然、食事に現れた種田が結衣を会社まで運んでソファに眠らせたのでした。
 
その翌早朝、結衣は起き出して巧の元へ。
 
お互いに「言い過ぎた、ゴメン!」で仲直りです。
 
それで再び話は賤ケ岳家に戻ります。
 
そんな悩みだらけの八重の元へ、夫・陽介が突然帰ってきました。
 
聞けば、「『結婚記念日には必ず一緒にすごそう』って約束したから」。
 
熊本から、そのために帰ってきたと言い花を八重へ!
 
八重は翌日、チーフどころか会社自体を休職したいと福永に申し出ました。
 
夫とともに熊本で、母の看病やリハビリの手伝いをして少しでも支えていきたいのでしょう。
 
“プロジェクトの途中なのに”とか“せめて星印だけでも終わらせて休むのが普通じゃないの”など福永は文句と嫌味のオンパレードです。
 
私がチーフをやりますよ
 
結衣は、みずから苦しい道のりを買って出たのでした。苦難の道です。
 
あ~あ、言っちゃったよ
 
とエンジニアの吾妻(柄本時生)は忌憚のないご意見を述べていました(笑)。
 
この声が制作4部の代表意見と取っても問題ないでしょうね
 


別室にて-エピローグに代えて-

結衣がチーフをやる事について、ミーティングルームでは福永と「差し」で話しています。
 
『定時で帰る』って、それはできないと思うよ
 
かなりブラックなご意見かと思われますよね。続けて、
 
そもそも種田君が私の会社を辞めた理由を知ってる?
 
福永の口ぶりからすると、結衣も絡んでいるようですが…。
 
ここで今話は幕でした。
 
どんな展開が待ち受けているのか、早く知りたいっ!
 


『わたし、定時で帰ります。』【第8話】の感想および考察 急展開はあるのか? ラスボスの存在は!?

福永の取ってきた星印案件が、表側をリードしていっていますよね。
 
その裏側での八重や結衣のプライベートを流していく二重構造がストーリーに厚みを持たせています。
 
もう、完全にラブコメの範疇は超えていますよね。
 
ここからの最終回の「落とし」が非常に気にかかるところです。
 
姿を見せない牛松父あたりが暗躍しそうな気配もするのですが、どうでしょうか?
 
私見を述べさせてもらえば、TKO木下の活躍をもっと観たかったですね。
 


「わたし、定時で帰ります。」【第8話】の視聴率は?

「わたし、定時で帰ります。」【第8話】の視聴率は9.1%でした!