日テレ毎週土曜日の夜10時放送、奇想天外な学園ドラマ【ドラマ】『俺のスカート、どこ行った?』(俺スカ)【第4話】のあらすじからネタバレストーリーや感想までまとめてみました!
 

 

 

『俺のスカート、どこ行った?』【第4話】のストーリー(ネタバレあり)

『俺のスカート、どこ行った?』【第4話】のストーリーを見ていきましょう!
今回はストーリーを

  • 職業体験が探偵!?
  • 若林は流されない
  • 「ありがとう」と「ごめん」
  • 生徒のためなら

の4部に分けてお話していきます。
ではどうぞ!
 

職業体験が探偵!?

豪林館学園高校2年生の、職場体験が始まることになりました。
 
職員室では、生物教師・古賀(荒川良々)が、えらく張り切っています。
 
その理由は、去年、英語教師・広田(じろう)が職業体験の引率で知り会った女性と結婚したことで、“自分も”と期待をしているようです。
 
学年主任・庄司(大倉孝二)は、「養護教諭の体験がしたい」と言って養護教諭・佐川(大西礼芳)を見つめます。
 
しかし、生活指導兼数学教師・長井(松下奈緒)に「ダメです!教師が教師の体験をしてどうするんですか!」と厳しく却下されます。
 
長井が「庄司先生、広田先生、矢野先生(小市慢太郎)はアパレル業界、原田先生(古田新)、田中先生(桐山漣)、里見先生(白石麻衣)は、探偵。古賀先生は製造業、以上です」と伝えます。
 
原田は「今なんつった?探偵?探偵って何するのよ?」と聞きます。
 
長井は「校長(いとうせいこう)の意向で変わった職業もお願いしたいということです」と話します。
 
2年3組の教室で、原田は職業体験について生徒に説明をします。
 
「古着屋、弁当屋、探偵事務所、日の出製作所、電気屋」と黒板に書く原田先生。
 
生徒たちはざわざわしながら、この中から第2希望まで用紙に書きます。
 
原田、田中、生徒の若林優馬(長尾謙杜)が、屋上で昼食を食べています。
 
誰もいないと思って屋上にやって来た東条正義(道枝駿佑)。
 
原田は「職業体験、白紙で出してたけど私の所でいいわね?」と、東条に聞きます。
 
東条は「ああ、どこでもいいよ」と投げやりに答えて、その場を後にします。
 
原田は、最近1人でいることが多くなった東条の表情が暗いことを気にしているようです。
 
職員室では職業体験で女性との出会いを期待していた古賀が、工場に決まったことで落ち込んでいます。
 
気の毒に思った矢野が「アパレルと替わりましょうか?私には工場の方が合ってますから」と申し出ます。
 
古賀は、「本当ですか?ありがとうございます!」と言って喜びます。
 

若林は流されない

職業体験当日、探偵を希望した生徒は、若林、川崎結衣(高橋ひかる)、堀江もも(箭内夢菜)、東条の4人。
 
引率の原田、田中、里見と共に魚住探偵事務所にやって来ます。
 
魚住(前野朋哉)は、「親父が寺尾校長と仲が良くて職業体験の依頼を受けた」と説明します。
 
とある食堂で年配の女性が、エビの天ぷらが食べきれず「残すのがもったいないから良かったらどうぞ」と隣の若者に差し出します。
 
女性は、トイレに行っている間に、その若者が自分の食事の代金を払って帰ったことを知り驚きます。
 
探偵事務所の原田たちは、午後5時になっても一向に仕事の依頼がないことに完全にだれてしまっています。
 
そのとき魚住の携帯電話が鳴り、仕事の依頼かと思われましたが、魚住の祖母・豆子からでした。
 
実は、先ほどの食堂での年配の女性が豆子で、代金を払ってくれた人を探してほしいという電話だったのです。
 
自宅に帰った原田は、娘の糸(片山友希)とその元カレ・安岡(伊藤あさひ)に今日の出来事を話します。
 
学校の職業体験で探偵?しかも人探し?」と驚く糸。
 
原田は「うん、でも浮気調査の方が面白かったのになぁ」とボヤキます。
 
翌日、豆子が探偵事務所に来て、探してほしい若者の特徴を言います。
 
全員が豆子の話から、似顔絵を描いて見せます。
 
若林が描いた絵が一番似ているということで、その似顔絵を元に人探しが始まります。
 
一方、職業体験で工場を選び、“日の出製作所”に来ていた明智秀一(永瀬廉)や牛久保元(須藤蓮)、駒井和真(堀家一希)たち5人は、工場長から嫌がらせを受け家に帰ってしまいます。
 
若林と組んで聞き込みを始めた東条は、「お前普通にしゃべれるじゃん、学校でもしゃべったらいいのに。もしかして飛び降りてから変わった?」と話しかけます。
 
若林は、「なんで普通に話しかけるの?僕、許したつもりないんだけど。“ごめん”のひと言も言えないの?」と、以前クラスで孤立していた自分を笑っていた東条を思い出します。
 
何も言えずに立ち尽くす東条。
 
原田と組んだ里見が「先生は教師になりたかったんですか?」と質問します。
 
原田は「う~ん、教師もなりたかったけど他にもあるわよ。不動産屋さんとか。間取り図見るの楽しくない?それはそうと、お腹が空いたわね」と言います。
 
里見が「おいなりさん、作ってきました」とタッパーを出して、手作りのいなり寿司を勧めます。
 
いなり寿司を食べた原田は、「うん、美味しい」と食べ始めます。
 
それを嬉しそうに見つめる里見先生。
 

「ありがとう」と「ごめん」

日の出製作所を途中で抜けた明智たちは、校長と長井に呼ばれます。
 
自分たちは、真面目に取り組もうとしていたのに、工場長が理不尽なことをしたからです。体験場所を替えて下さい」と言う明智。
 
校長と長井は「私たちからも戻れるように頼んでおくから、もう一度工場に戻ってほしい」と話します。
 
明智は「担任の原田先生も、工場の方に頭を下げて頼んでくれたら戻りますよ」と持ちかけます。
 
アパレルの引率で古着屋に来ている古賀は、ショップ店員の気を引こうと、太った女性の客に小さい服を試着するよう勧めます。
 
客が怒り出し、平謝りの古賀に呆れて見ている広田と庄司。
 
探偵チームは、今日の収穫はなかったとガッカリして事務所に戻ります。
 
川崎が「なんで“ありがとう”のひと言を言うためだけに、そこまでするんですか?」と豆子に聞きます。
 
豆子は笑って「“ありがとう”と“ごめん”をちゃんと伝えられるようになったら、生き残れるもんよ」と話します。
 
家に帰った原田は、美大に行っている糸に若者の特徴を伝えて似顔絵を描かせます。
 
翌日、その絵を事務所に持って行くと「駒井くんに似てる」とみんなの意見が一致します。
 
駒井が、職業体験をしているはずの日の出製作所に向かう一行。
 
しかしそこで、明智や駒井が途中で抜けて、来ていないことを知る原田。
 

生徒のためなら

職員室では明智たちを前にして、日の出製作所の工場長が「来ると連絡を受けていたのに、やっぱり来なかったじゃないか」と怒っています。
 
校長、長井、矢野が謝り続けます。
 
そこへ、電話で長井から話を聞いた原田たちがやって来ます。
 
牛久保が「何もしないで見てろって、何のための職業体験だよ?」と工場長に文句を言っています。
 
工場長は「それはお前らが何にもできないからだろ!お前らがミスしたら俺が謝らなきゃいけなくなるんだよ」と頭ごなしに怒鳴ります。
 
原田が「ちょっといいかしら?あんたも若いとき、ミスしたら上司に謝ってもらったんじゃないの?自分が上司になった今、部下のために謝れないってどういうこと?職業体験受け入れた時点でわかりきってたことだろうが!」と語尾を強めます。
 
工場長は「じゃ、お前が謝れ!お前が謝ったら許してやるよ。職業体験で好きな仕事やらしてやるよ」と言います。
 
いいよ、元はと言えば俺が仕事できなくて怒られたことから始まったし、原田は関係ないよ」と駒井。
 
すかさず原田がその場に土下座をして「申し訳ございませんでした」と謝ります。
 
うちの生徒がご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした」と、おでこを何度も床に打ちつけて謝ります。
 
田中と矢野が「原田先生!やめてください」とそばに駆け寄ります。
 
工場長が「もういいよ、俺はそこまでしろとは言ってないからな」と、ふてぶてしい態度をとります。
 
原田が「これで明日から好きなだけ仕事ができるわね。・・・でも行かなくていいぞ、お前ら!」と立ち上がるとカツラが外れておでこから血が出ています。
 
あたしは、あんたたちの担任だから頭を下げられる。でもこいつは、あんたたちのために頭を下げないわよ。あんたたちがミスしたら、学校のせいにして逃げるわよ」と明智たちに言います。
 
今度は工場長に向かって「あんたみたいに人の揚げ足ばっか取ってるやつは、心に余裕がないのよ!だから謝れないんじゃないの?バーカ、ボケカス、ドアホ!」と言い放ちます。
 
田中が「後半はシンプルな悪口だ・・・」と感心してつぶやきます。
 
では、明日からは行かないということで。今日はお引き取り下さい」と工場長に言う校長。
 
工場長は出ていき、豆子が駒井の前に行きます。
 
この人です!食堂では、どうもありがとうございました」と言う豆子。
 
駒井は「わざわざそれを言うために?」と聞きます。
 
豆子は「どれだけ時間がかかっても、伝えた方がいいのよ。感謝と反省は」と言います。
 
それを聞いていた東条が、うつ向きます。
 
豆子は封筒を渡し「高校生に奢ってもらうほど困ってないのよ。それは貯めときなさい」と食事代を返します。
 
原田たちに礼を言って、学校をあとにする魚住と豆子。
 
外に出た若林のあとをついて行く東条。
 
本当に悪かったと思ってる。謝っても許してもらえないかもしれないけど・・・ごめん!」と立ったまま頭を下げます。
 
若林は、どうしようか迷っています。
 
東条は、土下座をしてもう一度「ごめん!」と謝り、原田がしたようにおでこを打ちつけようとします。
 
ストップ!いいよ、許す。俺、あんな工場長みたいな大人になりたくないから」と若林が言います。
 
笑い合った2人は「これから何する?」と話しながら、一緒に歩いて行きます。
 
職員室で「お見事でしたよ、原田先生」と原田をねぎらう校長。
 
佐川に薬を塗ってもらって嬉しそうな原田に、嫉妬している里見。
 

『俺のスカート、どこ行った?』【第4話】の感想および考察

職業体験で探偵っていいですね~
 
私もやってみたい仕事の一つです。(笑)
 
校長の意向ということですが、なぜ校長先生はこんなに原田先生を信じているのかが気になります。
 
ゲイバーで知り合ったということですが、何があったんでしょうね。
 
やっぱり原田先生は、生徒のことを一番に考えています。
 
普通、あそこまでの土下座はできないでしょう。
 
元々の教師じゃないから、できることかもしれないですね。
 
原田先生、ゲイのはずなのに佐川先生にデレデレしてたのが不思議でした。
 
あと、古賀先生がちょっとキモイです。
 
次回は、若林の恋の話みたいですよ。
 

『俺のスカート、どこ行った?』【第4話】の視聴率は?

『俺のスカート、どこ行った?』【第4話】の視聴率は8.6%でした!
 

  • 第1話:10.9%
  • 第2話:9.7%
  • 第3話:7.9%
  • 第4話:8.6%

 

『俺のスカート、どこ行った?』の見逃し配信はHuluで視聴可能!

『俺のスカート、どこ行った?』を見逃してしまった方は動画配信サービス「Hulu」で視聴が可能です。

他にも漫画、映画などたくさんのコンテンツを取り揃えておりますので、これを機に利用を検討してみてはいかがでしょうか?

現在登録すると、二週間のお試し期間がついてきます!登録はこちらから!
 

今すぐ二週間無料のhuluにお試し登録する


 

漫画やアニメ、ドラマや映画を快適に楽しみたいなら?

現在は様々な配信サービスがそれぞれの特色を売りにして、事業を展開しています。

こちらで主要な動画配信サービスの料金やサービス面を徹底比較していますので、ぜひ参考までにごらんください!