コロナウィルス
 
秩父市がPCR検査を1000円で受けられるように動くそうです。


新型コロナウィルス感染者数が増加の一途をたどる秩父市が本腰を入れ始めました。
 
▼関連記事はコチラ
 



 

秩父市がPCR検査を2月から1000円で!

秩父市ではついに新型コロナウィルス感染者数が100人を突破したことを受け、市民に対してPCR検査実施の取り組みを推進するための予算を確保したと発表がありました。
 

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、埼玉県秩父市は希望する市民などを対象に1000円でPCR検査を受けられる取り組みを来月から始めることになりました。


秩父市が独自に行うこの取り組みは、多くの人が手軽にPCR検査を受けられる環境を整え、不安の解消や感染拡大の防止につなげようとするもので、対象は秩父市民や市内で働いている人で原則1人1回です。


市役所の窓口で1000円を支払って申し込み、渡された検査キットに唾液を採取して検査センターに郵送すると、数日後に指定したメールアドレスやSNSなどに結果が通知されます。


結果は「高リスク」または「低リスク」で、「高リスク」だった人は、改めて医療機関で検査を受ける必要があるということです。


秩父市は1500万円余りの予算を組んで、来月上旬から開始する予定で、秩父市地域医療対策課の千島裕美子課長は「人との接触が避けられない、特に介護現場で働く人などの感染への不安解消につながればと思います」と話していました。


一方、市の新たな取り組みについて、特別養護老人ホームで働く介護職員の男性は「無症状のまま自分が感染し利用者にうつす怖さが常にあるので、簡易的に検査を受けられれば安心して働くことがとできます」と話していました。

 
PCR検査そのものに感染を防ぐ効果はありませんが、感染者の増加を防ぐためにも安価でPCR検査を受けられるのは非常にありがたいですね。
 



 

詳細

 

■対象者 秩父市内にお住まいの方、または勤務している方(高齢者福祉施設・事業所など、個人でも可)


■内容 唾液採取用検査キットを提供します。1キット1人分(自己負担額1,000円)


この検査は、医師が介在しない検査のため 結果は高リスク/低リスクで報告されます。高リスクの結果が出た場合は、改めて医療機関で検査をしていただく必要があります。


■検査の流れ 市役所で検査キットを受け取ります。(検査についての内容を確認後、誓約書をご提出いただきます。)


ご自宅などで唾液を採取し、キットを封筒に入れ検査センターに郵送します。


検査センターから指定のメールアドレス、LINE、SMSに結果が通知されます。

■提供回数 原則1回(2回目以降はご相談ください)


■提供開始 提供が可能となりましたら、市ホームページ・SNSなどでお知らせします。


■予 算 額 1月25日専決処分 15,048千円(衛生費 保健衛生費 予防費)

 
予算が決められているため、まだ受けていない人がいる段階でも提供が終了する可能性があります。ご注意ください。
 



 

連絡先

安価にPCR検査を受けられる絶好のチャンスです。ぜひ積極的に活用しましょう!


◆担当者/保健医療部地域医療対策課
◆電話番号/0494-22-2279


※記事内の情報は2021年1月27日時点のものです。


▼関連記事はコチラ